• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 土木工事 > 共通工 > 軟弱地盤処理工 > KS-EGG工法

←このボタンをクリックすると
資材カテゴリーが表示されます。

KS-EGG工法

静的締固め砂杭工法
画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。

振動・騒音の低減化を実現した、サンドコンパクションパイル工法(静的締固め砂杭工法)である。従来工法は締固め効果をもたらす一方で、周辺地域に及ぼす振動・騒音の影響も大きく、特に市街地などでは工事実施に障害が生じることがあった。本工法は、ケーシング先端に円錐状の掘削拡径ヘッドが装備されており、このヘッドの回転およびケーシングを上下することにより原地盤の掘削・締固め、中詰材の締固め拡径を行う工法である。

CG-010009-V

  • この商品を詳しく知りたい
  • 一括資料請求リストに追加

[特長]
1)無振動・低騒音:バイブロハンマーを使用せず回転貫入装置により施工するため、無振動かつ低騒音で施工ができる。
2)品質の確実性:ケーシング貫入時に原地盤を掘削拡径ヘッドの回転により側方に押しつけ、側方への締固め効果が高くなる。
3)高い施工能力:回転貫入装置の効果により、打設箇所に多少の障害物や硬い層が存在してもケーシングの貫入ができる。
4)リサイクル:ガラス砂、再生砕石、スラグ等のリサイクル材を中詰材として有効活用できる。

KS-EGG工法 の資料請求はこちらから

矢印
すぐにカタログを取り寄せる
一括資料請求に追加をする

あおみ建設(株)
TEL : 03-5439-1021     FAX : 03-5439-1053
http://www.aomi.co.jp/

PR

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ
入札王