• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 調査試験 > 地質調査 > 音響波の減衰率を用いた地盤改良範囲および地中障害物・空洞調査

←このボタンをクリックすると
資材カテゴリーが表示されます。

音響波の減衰率を用いた地盤改良範囲および地中障害物・空洞調査

画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。

2本のボーリング孔を利用して、特殊な音波で地下を可視化する技術。従来の弾性波探査と比べて精度が高いこと、地中を伝播する音の速度と減衰率の2つの情報を取得できることという特長がある。音の速度からは地盤の固さと地盤構造、減衰率からは"地盤の密度や固さ"の違いを把握できる。これら2つの情報から地層構造だけでなく水道管などの地中埋設物、空洞、礫層、岩盤中の亀裂分布、さらに薬液の注入範囲などを把握できる。

CB-150010-A

  • 一括資料請求リストに追加

音響波の減衰率を用いた地盤改良範囲および地中障害物・空洞調査 の資料請求はこちらから

矢印
すぐにカタログを取り寄せる
一括資料請求に追加をする

JFEシビル(株)
TEL : 03-3864-2982     FAX : 03-3864-7319
http://www.jfe-civil.com/

PR

注目製品ピックアップ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ
入札王