• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 調査試験 > 構造物調査 > たわみやすい長大橋梁の標高計測法(MAT計測法)

←このボタンをクリックすると
資材カテゴリーが表示されます。

たわみやすい長大橋梁の標高計測法(MAT計測法)

画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。

MAT計測法は、長大橋梁において、一般車両の通行状態で計測した橋桁の標高値を無載荷標高値に補正するとともに、長大吊橋の場合は、実測時の主ケーブル外周温度から推定した断面平均温度により基準温度標高値に補正し、経年変化量を求める技術である。その特長は、1)部分交通規制下の計測で無載荷標高が得られる。2)規制時間・計測時間の短縮。3)ケーブル断面温度による基準温度時標高への補正が可能。

QS-130038-A

  • 一括資料請求リストに追加

たわみやすい長大橋梁の標高計測法(MAT計測法) の資料請求はこちらから

矢印
すぐにカタログを取り寄せる
一括資料請求に追加をする

復建調査設計(株)
TEL : 092-471-8324     FAX : 092-415-3751
http://www.fukken.co.jp/

PR

注目製品ピックアップ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ
入札王