自動走査式RI密度水分計(SRID)

製品情報

自動走査式RI密度水分計(SRID)の写真

自動走査式RI密度水分計(SRID)は、測定深度30cm、放射線検出部を地表面から約50mm浮上させ、線源棒を軸とする走査(1分/周)測定方式を採用したことで、従来法に比べて10倍以上の測定領域を実現した大容量タイプのRI密度水分計。さらに、不陸の影響を自動的に補正する機能を有し、測定地盤の整形作業が不要となり、礫を多く含む粗粒材料に対して、より高精度な密度や含水比等のデータを迅速に得られる。

  • NETISKK-110061-VR

ソイルアンドロックエンジニアリング株式会社このメーカーの製品一覧 >

住所〒561-0834 大阪府豊中市庄内栄町2-21-1  TEL06-6331-6031 FAX06-6331-6243
HPhttp://www.soilandrock.co.jp/

「土工」でよく見られている製品

上記全てを資料請求カートへ追加

資料請求カートへ追加