KKフォーム壁高欄工法

製品情報

本技術は繊維補強セメント板を用いたコンクリート構造物の埋設型枠工法で、強度と耐久性に優れ、軽量で施工が容易である。従来の木製型枠を用いた工事に比べ、工場製作後に現場で組み立てるため、現場の型枠加工・組立の省略化が図れると共に、工程の3割短縮やコスト削減が可能に。また、裏面形状が蟻溝状になっておりコンクリートとの付着性が高く、表面が平滑で色合いはコンクリートになじむので、完成時の美観にも優れている。

  • NETISKT-150027-A

協立エンジ株式会社このメーカーの製品一覧 >

住所〒114-0023 東京都北区滝野川6-3-1 AKビル8F  TEL03-5394-1360 FAX03-5394-8232
HPhttp://www.kyoritsu-enji.co.jp/

資料請求カートへ追加