• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 土木工事 > 道路維持修繕工 > 橋梁補修補強工 > かみ合わせ継ぎ手による鋼板巻立て工法(無溶接型)

←このボタンをクリックすると
資材カテゴリーが表示されます。

かみ合わせ継ぎ手による鋼板巻立て工法(無溶接型)

画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。

「かみ合わせ継手による鋼板巻立て工法(無溶接型)」は、橋脚の耐震補強工法として実績のある鋼板巻立て工法における補強鋼板の接合において、鋸刃状の機械式継手(かみ合わせ継手)を用いることにより、継手性能の安定化と現場における施工の省力化を目標として開発された技術。橋脚に対して工場生産した成形鋼板で橋脚を囲み、あらかじめ成形鋼板の接続縁に工場で溶接されたかみ合わせ継手を、機械的に接合して一体化する工法。

TH-980001-V

  • 一括資料請求リストに追加

かみ合わせ継ぎ手による鋼板巻立て工法(無溶接型) の資料請求はこちらから

矢印
すぐにカタログを取り寄せる
一括資料請求に追加をする

清水建設(株)
TEL : 03-3561-3915     FAX : 03-3561-8673
http://www.shimz.co.jp/

PR

注目製品ピックアップ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ
入札王