• 建設資材を探す
  • 電子カタログを探す

配管用レーザー

製品情報

配管用レーザーの写真

雨水管・汚水管等敷設時に設定する勾配をレーザーにて測定し可視化する技術である。従来は丁張・水糸を使用しての計測が一般的であった。適応現場としては、雨水管・汚水管等の排水管の敷設工事、その他、勾配の設定が必要な開水路・暗渠の敷設工事等、本体設置スペース100mm以上、設計勾配が-10%~+25%が適用可能な範囲である。作業スペースが狭く丁張の設置や勾配の測定が難しい現場や敷設距離が長い現場に特に有効な技術である。

  • NETISKK-210006-A

日本スピードショア株式会社このメーカーの製品一覧 >

住所〒575-0013 大阪府四條畷市田原台8-2-5  TEL0743-78-9000 FAX0743-78-8738
HPhttps://speedshore.co.jp/

資料請求カートへ追加