• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 土木工事 > トンネル工 > トンネル工(NATM) > 超長尺大口径鋼管先受け工法(LL-Fp工法)

←このボタンをクリックすると
資材カテゴリーが表示されます。

超長尺大口径鋼管先受け工法(LL-Fp工法)

画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。

LL-Fp工法は、専用機械を使用することなく、山岳トンネルの掘削機械であるドリルジャンボを用いてφ139.8mmの大口径鋼管を長区間打設する超長尺大口径鋼管先受け工法である。本工法では、1シフトが20mを超える超長尺大口径鋼管の切羽前方への打設・地山注入により掘削前にトンネルアーチ部に剛体の"傘"を形成し、掘削に伴うトンネル変形・沈下を抑制することができる。

NETIS  KT-160132-A

  • 一括資料請求リストに追加

西松建設株式会社
TEL : 03-3502-0279     FAX : 03-3502-0236
https://www.nishimatsu.co.jp/

メルマガ登録
ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ
入札王