• 建設資材を探す
  • 電子カタログを探す

GRASP工法

製品情報

GRASP工法の写真

鋼製指圧板と現場打ちコンクリート製受圧板が一体化し、地山強度を把握しながら確実に法面を安定させるためのグラウンドアンカー工法である。凸凹の多い斜面など適用範囲が広く、とくに逆巻き施工に有効である。

掲載誌:積算資料公表価格版2022年12月号 p.296

株式会社テクノプランこのメーカーの製品一覧 >

住所〒107-0052 東京都港区赤坂8-10-37  TEL050-7123-9911 FAX050-3156-3569
HPhttp://www.techno-plan.co.jp/

規格掲載価格の条件 >

規格 単位 公表価格(税別)
鋼製支圧板 SP4016J 400×400×16mm 鉄筋籠・網型枠 RC1030 1000×1000×300mm 173,480円
鋼製支圧板 SP5016J 500×500×16mm 鉄筋籠・網型枠 RC1440 1400×1400×400mm 212,240円
鋼製支圧板 SP6016J 600×600×16mm 鉄筋籠・網型枠 RC1730 1700×1700×300mm 238,700円
鋼製支圧板 SP7016J 700×700×16mm 鉄筋籠・網型枠 RC2040 2000×2000×400mm 308,780円
鋼製支圧板 SP8016J 800×800×16mm 鉄筋籠・網型枠 RC2340 2300×2300×400mm 351,700円
価格の適用
 施工規模(基):1。

注目製品ピックアップ

>
<

資料請求カートへ追加