• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 土木工事 > 道路維持修繕工 > 橋梁補修補強工 > グラウト押上注入工法

←このボタンをクリックすると
資材カテゴリーが表示されます。

グラウト押上注入工法

画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。

新機構注入機による「グラウト押上注入工法」は、小・中規模の鉄筋コンクリート構造物(橋梁等)の断面修復を行うにあたり、補修材料を型枠内部に小口径注入口(13〜50mm)から低圧力で押上注入する技術。修復箇所の断面形状によっては生コン工場製造の粒径5mm程度の骨材を含む高流動モルタルを扱えることから、プレミックス材料を使用する場合と比較して材料費および間接経費の大幅な圧縮が可能である。

KK-120069-A

  • 一括資料請求リストに追加

グラウト押上注入工法 の資料請求はこちらから

矢印
すぐにカタログを取り寄せる
一括資料請求に追加をする

(有)真鍋組
TEL : 0772-82-8060     FAX : 0772-82-8088
http://www.manabegumi.co.jp/

PR

注目製品ピックアップ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ
入札王