改良体WT工法

製品情報

改良体WT工法の写真

都市河川の浸水被害対策や区画整理事業における調整池を検討する場合、既存の市街地や地形を有効活用しつつ、雨水の「集水」「貯留」「利水」などを設計する必要がある。
「改良体WT(Water Tank)工法」は、その貯留槽を改良体で施工するローコストな工法。軟弱地盤での施工が可能で、現場の水位・土質・用途によって施工方法が選択できる。

  • NETISKK-180030-A

株式会社タケウチ建設このメーカーの製品一覧 >

住所〒723-0015 広島県三原市円一町4-2-14  TEL0848-60-1331 FAX0848-62-6973
HPhttps://www.takeuchi-const.co.jp/

「貯留型浸透施設」でよく見られている製品

上記全てを資料請求カートへ追加

資料請求カートへ追加