ファイバーショット工法

製品情報

老朽化した既設吹付けモルタルの補強、再生、長寿命化を図る法面維持管理工法

ファイバーショット工法の写真

経年変化などにより劣化した法面の補強、再生、長寿命化を図る工法である。既設吹付け法面の背面に生じた空隙部や風化層部、クラックなどにセメントペーストを充填して補強し、新たにポリプロピレン短繊維補強モルタルを吹き付けた上、剪断ボルトと樹脂プライマー塗布で完全に一体化し、補強を行う。

詳細説明

背面の法面基盤、既設吹付けモルタル、新設吹付けモルタルの三者を、総合的・一体的に補修・補強し、法面の長期安定化を図ることが可能。また、既設吹付け法面を取り壊さずに再生を行う工法であるため、産業廃棄物の発生を大幅に低減するなど環境負荷の軽減にも寄与すると同時に工事費用の縮減が図れる。社会インフラの維持管理、長寿命化に大いに貢献する工法である。

RRM研究会このメーカーの製品一覧 >

住所〒310-0903 茨城県水戸市堀町959 (株)水戸グリーンサービス内  TEL050-3777-7872 FAX029-227-2783
HPhttp://www.rrmgr.jp/

「法面工」でよく見られている製品

上記全てを資料請求カートへ追加

資料請求カートへ追加