立体ハニカム状ジオセル擁壁工法

製品情報

立体ハニカム状ジオセル擁壁工法の写真

立体ハニカム状ジオセル擁壁工法は、立体ジオセル構造に砕石を充填しながら階段状に積み上げる擁壁工法で、従来のコンクリートブロック積工法と比較して、重量物(コンクリートブロック)積み上げ、コンクリート打設を伴わないため、施工効率が向上し、工期短縮が図れる。

  • NETISHK-160013-A

旭化成アドバンス株式会社このメーカーの製品一覧 >

住所〒105-0004 東京都港区新橋6-17-21 住友不動産御成門駅前ビル8F  TEL03-5404-5612 FAX03-5404-5614
HPhttps://www.asahi-kasei.co.jp/advance/jp/

資料請求カートへ追加