パラミックス工法

製品情報

パラミックス工法の写真

パラミックス工法とは急傾斜地・河川・ダム・港湾等に設置する仮桟橋工法である。鋼管杭を打設後、杭に基礎梁を固定、支柱・ブレス等を地上にて地組、パネル化した物を基礎梁上に設置する。鋼管を採用することにより支柱杭の剛性が向上し、支持杭・ブレス等の削減が期待でき、80%以上の加工・溶接作業を工場製作することにより、品質・施工性が向上する。コスト面・施工性に優れ、長尺・異形部にも対応可能である。

  • NETISSK-150010-A

日本ジュウキケンセツ株式会社このメーカーの製品一覧 >

住所〒769-0104 香川県高松市国分寺町新名1764-1  TEL087-874-5128 FAX087-874-7353
HPhttp://www.nihonjuuki.com/

注目製品ピックアップ

>
<

資料請求カートへ追加