• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 特集記事資料館 > 建設ITガイド > 建築設備CAD CADEWA Real 2013

 
大容量図面でも快適な操作レスポンスを実現。BIM対応3次元建築設備CAD
 

建築設備CAD CADEWA Real TOP画面

建築設備CAD CADEWA Real TOP画面


建築設備CAD CADEWA Realは搭載する専用機能により、電気・空調・衛生の設計図・施工図を効率的に作画でき、精度の高い図面仕上げが可能な建築設備CADである。
また“2次元図面と3次元CGのリアルタイム双方向連動”により、平面/断面/3次元CGの各画面から設備部材を自在に作画・編集することができる。
 
 
 
 
 
 
 

BIM(IFC)対応

3次元CGからの編集(ルート変形)

3次元CGからの編集(ルート変形)


CADEWA RealはIFCファイルの入出力に対応している。
建築CAD等で作成された建築部材を含む3次元図面を取り込むことができる。
設備に関しては「設備IFCデータ利用標準V1.0」に対応しており、他設備CADで作成されたダクト・配管等の設備部材を取り込める。
取り込んだ部材はCADEWA Real上で編集ができ、材料集計等へも活用できる。
 
また、出力時には建築部材、設備部材等の種別ごとに出力することができる。
FL基準でフロアごとに作画・編集
 
従来、図面運用においては建物をフロアごとに分け、それぞれで図面を作成していた。
そのため、複数フロアの建物であれば複数枚の図面で運用されていたが、IFCファイルでは、建物1棟全てが1つのファイルで扱われることが多く、複数フロアの建物全てが1つのファイルで扱われることが多い。
 
CADEWA Realではフロアごとにレベル基準の異なる図面情報がシート分割されて読み込まれ、シートを切り替えるだけで、従来通りのFL基準でフロアごとに作画・編集することが可能である。
 
 

大容量図面データへの対応

3次元CGで見た総合図

3次元CGで見た総合図


IFCファイルでは建物1棟全てを1つのファイルで扱うため、データサイズは大きくなる。
CADEWA Realは64bitアプリケーション化しており、従来は読み込めなかった大容量図面であっても操作が可能である。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

操作・表示レスポンスの大幅な向上

大容量図面の場合、描画処理に時間がかかり、待ち時間が発生していた。
CADEWA RealではマルチコアCPUを活用することで、描画処理の高速化を実現している。
2次元画面の処理速度はCPUのコア数に応じて高速化される。
また、3次元表示は描画途中であっても、ユーザ操作を優先処理することで、待ち時間が発生しないようになっており、大容量図面であっても快適な操作を実現している。
 
 

干渉チェック

3次元CG上での干渉チェック結果

3次元CG上での干渉チェック結果


干渉チェック機能は建築(壁・梁など)および設備(ダクト・配管など)との収まりを自動でチェックできる。
チェック結果は一覧表示され、選択するだけで2次元、3次元上で該当部分が強調表示されるため取り合い確認に活用できる。
 
 
 

図面データの多元的活用

図面データの多元的活用
建築設備CAD CADEWAシリーズは開発当初より、図面作成時に入力される設備情報を多元的に活用する取り組みを行ってきた。
今回は下記5つの連携について説明する。
 
①企画・プレゼン連携:EVAGIO
②構造設計連携:KAPシステム
③照明設計連携:Luminous Planner
④製作連携:CADEWA Realダクト製作オプション
⑤維持管理連携:Patina
 
①企画・プレゼン連携では、CADEWA Realから出力した3次元データを元にEVAGIOにて質感・テクスチャの適用や高品質なレンダリングを行い、ウォークスルーアニメーション、4Dシミュレーションなどに活用できる。
 
②構造設計連携ではKAPシステムから貫通箇所が分かる鉄骨モデルをCADEWA Realにて3次元データで取り込み、それを元に適切な位置に梁貫通を行うことができる。
また、CADEWA Realからスリーブ情報(CSVデータ)が出力でき、KAPシステム側で鉄骨を加工する際の貫通箇所が確認できるため、スリーブ確認にかかる時間を軽減することができる。
 
③照明設計連携ではパナソニックの照明器具データをLuminous Plannerを経由して取り込むことができる。
取り込んだ照明器具データを利用し、CADEWA Real上で照明配置設計を行い、結果を出力、出力されたデータをLuminous Plannerで取り込めば照度分布計算まで実現できる。
さらに計算結果はDXFファイルで出力でき、設計図面に重ね合わせることができる。
なお、取り込んだ照明器具データはCADEWA Realの材料集計結果にも反映され、設計・積算業務の効率化が図れる。
 
④製作連携ではCADEWA Real ダクト製作オプションにて施工図データを元にダクトの製作情報(板厚・開口など)を付与し、単品図・展開図が作成できる。
また、ダクト製作機側で製作データの受け取りが可能であれば、ダクトのプラズマ切断まで連携が可能である。
 
⑤維持管理連携では、Patinaの機能を利用することで、CADEWA Realの部材属性を利用し、設備台帳を作成することができる。
同時に設備台帳に該当部材の位置情報を付与することができるため、設備台帳でクリックすればCADEWA Realにて該当部材が点滅表示され位置の確認ができる。
設備台帳作成時間の軽減と、即座な位置確認により維持管理業務の効率化が図れる。
 
 

英語版をリリース

今まで培った業務ノウハウを生かし、画面周り・部材名称等、全て英語表記された「CADEWA Real English Edition」を2013年8月にリリースした。
国内で培われた建築設備技術や図面・3次元CG運用ノウハウを、海外の建設プロジェクトで活用することができる。
 
 

建築設備CAD CADEWA Real

標準価格(税別):要問い合わせ
 
動作環境
OS:Windows 8(32bit/64bit)、Windows 7 SP1(32bit/64bit)、Windows Vista SP2(32bit/64bit)、Windows XP SP3(32bit)
CPU:Core 2 Duoシリーズ同等品以上
メモリ:64bitの場合: 4.0GB以上(8.0GB以上推奨)/32bitの場合: 2.0GB以上(3.0GB以上推奨)
HDD空容量:1.2GB以上
 
(株)富士通システムズ・ウエスト
グローバルビジネス本部 生産ソリューション事業部 CADソリューション部
Tel.03-6424-9373(東京)、089-945-6228(松山)
 
 
 
 
【出典】


建設ITガイド 2014
建設ソフト&ハード名鑑
建設ITガイド2014
 
 

 

同じカテゴリの新着記事

メルマガ登録

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

話題の新商品