• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 特集記事資料館 > 積算資料公表価格版 > 建築材料FOCUS −タイル剥落防止−

 

総 論

タイル張りは,高級感にあふれる外装を表現できる反面,基本に則って正しい施工を行わなければ剥離,剥落するリスクがある。タイル剥落による第三者への被害を未然に防ぐ趣旨で,建築基準法により,竣工後10年経過した建築物は,全面打診による定期報告が義務づけられている。
 

タイル剥離のメカニズム

タイル張りは,コンクリートの打上り面を下地モルタルや下地調整材で調整した上で,張付けモルタルで張る工法が一般的である。
 
ここで問題となるのは,コンクリート・下地調整材・下地モルタル・張付モルタルはそれぞれ収縮率が異なるということだ(図−1)。
 

図−1 タイル張り層に生じる各層のひずみ(ディファレンシャルムーブメント)




出典:外装タイル張り仕上げ材の経年劣化による剥離・剥落発生のメカニズム
  :国立研究開発法人建築研究所建築生産グループ
 
 
その収縮差が大きいほど,接着界面での「せん断力」が大きくなり,このせん断力がタイルの接着力を超えると,剥離が生じてしまう。したがって,タイルの剥離を未然に防ぐためには,①接着界面の接着力を高める,②接着層に作用するせん断力を小さくする,の2点が必要となる。
 
タイルの剥離は,①タイルと張付モルタル,②張付けモルタルと下地モルタル,③下地モルタルと躯体の各界面で生じ得る。このうち①については,タイル裏足の形状を工夫するなどして減少してきているが,②③については施工管理上の課題が残されている。
 
日本建築学会標準仕様書JASS 9「タイル張り工事」やJASS15「左官工事」に則り,接着界面がせん断力を吸収できるよう,塗厚や吸水量などを適切に管理することが大切である。
 

剥離が生じやすいケース

最近,下地モルタルを省略し,躯体に下地調整材を塗布した上で直接,張付モルタルを塗布する,直張り仕様が増えている。コンクリートの打上り面がツルツルで,コンクリートの収縮が治まる前にタイルを張ってしまう,型枠剥離剤が残留している,吸水調整剤を使用していない,張付モルタルにポリマー入りセメントモルタルを使用していない,などの要因が重なると,張付モルタルがコンクリート下地から剥離するリスクが高まる。
 
コンクリート下地を超高圧水などで目荒らしする,張付モルタルには下地への追従性に優れた既調合ポリマーセメントモルタルを使用するなどの対策が有効となる。
 
また下地調整材で不陸調整をする場合,塗厚が薄いと下地調整材の硬化不良(ドライアウト)が生じやすく,剥離に直結することから避けなければならない。
 

タイル剥落防止工法(新築)

タイル剥離を未然に防ぐ上で有効な工法として,有機接着剤張りがある。ひび割れ発生率がモルタル張りの1/40程度のため,コンクリート躯体への変形追従性に優れる上に,白華が生じない,深目地や目地詰めなしの意匠も可能などの利点があり,東日本大震災でも被害は報告されていない。
 
また,躯体面に金属製レールを取り付け,タイルを機械的に取り付ける乾式工法も,剥落防止に有効な工法として普及している。
 

タイル剥落防止工法(補修)

①アンカーピンニング全面・部分エポキシ樹脂注入工法
モルタル面の浮き部をアンカーピンとエポキシ樹脂で固定し,かつ,残存浮き部分の全面/部分にエポキシ樹脂を注入し,浮き部分のモルタルとコンクリートを接着させて一体化を図る工法。
 
②注入口付アンカーピンニングエポキシ樹脂タイル固定工法
タイル表面に直接穴をあけて注入口付アンカーピンを挿入し,エポキシ樹脂を注入して固定し,タイルの剥落を防止する工法。
 
③樹脂系塗膜防水・保護工法
短繊維を配合し,耐久性に優れた透明な塗膜(特殊アクリル系など)を塗布し,タイル張りの外観を損なわずに剥落を防ぐ工法。
 
④ピンネット工法
ピンでモルタル面をコンクリートに固定し,浮いたタイル層は接着で固定するのではなく,外側からネット層で押えて補強することで剥落を防止する工法。
 
なお,躯体面に生じたひび割れや欠損が原因でタイルが剥離している場合は,ひび割れ部に手動/自動でエポキシ樹脂を注入する工法,欠損部充填工法等が有効。
 
 
 

注目製品

剥落防止工法(新築)

①界面のひずみを低減する工法
タイル剥離・剥落の多くは下地モルタル,張付けモルタル,躯体の界面で生じるため,接着界面に生じるひずみを低減する各種の工法が開発されてきた。
 
一例として,(株)大林組はタイル剥離・剥落防止工法の開発に積極的に取り組み,下記のような工法を開発・実用化してきた。
 
「ベースネット工法」は,躯体面に専用ポリマーセメントモルタルにより立体網目不織布(ベースネット)を張り付け,これを下地としてタイル張りを行う工法。
 
「インターネット工法」は,表裏にループパイルを有する立体編み布とアンカーピンを用い,タイル張り層を面内・面外方向に連結することで剥落を防止する工法。
 
「ループボンド・タフバインダー工法」は,ループ状の突起を有するナイロン樹脂製緊結材と高機能ナイロン繊維混入モルタルを用いて,躯体面とモルタル層の界面での剥落を防止する工法。
 
②有機接着剤張り
有機接着剤を用いてタイルを張る工法。一例として,(株)LIXILの「はるかべ工法」は,専用接着剤「ワンパックボーイR-V2」を用いて,また(株)竹中工務店の「トータルフレックス工法」は,コニシ(株)と共同開発した弾性下地調整材「ボンドフレックス」を使用してタイルを張る工法。
 
接着剤張りの施工品質を確保するため,(一社)全国タイル業協会は,外装タイルと有機系接着剤の組合せ品質認定制度(Q-CAT)を運用しており,採用に際してはタイルも接着剤も認定品を使用し,定められた組合せで使用する。
 
③乾式工法
躯体面に固定した金属製レールにタイルを機械的に取り付ける工法。一例として,不二窯業(株)の「クリップロックオン工法」は,特殊なレール金物とクリップ金物を用いる工法。動的変形能試験で耐震性を検証している。
 

剥落防止工法(改修)

①樹脂注入工法
樹脂注入工法は,樹脂の注入不良や共浮きによる剥離などが生じないよう,適切な施工技術が不可欠となる。
 
FS テクニカル(株)の「FST工法」は,振動ドリルの欠点を改善した低騒音・低振動の湿式二軸低騒音ドリル「T-2ドリル」を使用することで,従来の樹脂注入工法で生じがちな樹脂の注入不良や共浮きによる剥離などの不具合を解決した新工法。さらに,多層空隙注入ノズル「FSノズル」を使用することで,躯体部および何層に及ぶ剥離層であっても確実に樹脂を注入でき,共浮き防止機能を備えている。
(NETIS 登録:KT-150123-VR)
 

(詳細は「積算資料公表価格版2017年11月号」特集19 ページ参照)




 
②ピンネット工法
ピンでモルタル面をコンクリートに固定し,浮いたタイル層をネット層で押えて補強する工法。
 
アイワテック(株)の「アドグラ・ピンネット工法」は,ピンネット工法で全面的なタイル落下防止,ならびに下地を整形,保護層を作成した上で,天然石調仕上材アドグラで仕上げる工法。下地・仕上げとも10年保証付きで,東日本大震災でも被害はなかった。同社は、透明度の高い塗膜を塗り重ねてタイル面と目地を保護し,剥落を予防する「アドグラ・クリアガード工法」も揃えている。
 

(詳細は「積算資料公表価格版2017年11月号」特集16 ページ参照)




 
アイカ工業(株)の「ダイナミックレジンタフレジンクリアガード工法」は,経年劣化した外壁タイルに,強靱な無溶剤形ウレアウレタン樹脂を塗布し,特殊な透明皮膜により外壁タイル落下による第三者への被害を防止する工法である。高い透明度,優れた塗膜強度,ならびに長期的な美観を確保できる。
 

(詳細は「積算資料公表価格版2017年11月号」特集17 ページ参照)




 
コニシ(株)の「ボンドアクアバインド工法」は,壁面全体をタイル中央部から施工されたステンレスアンカーピンでコンクリート躯体に固定し,1液形水性ウレタン樹脂で一体化することにより,将来に亘って外壁タイルの剥落を防止するとともに,既存タイルの風合いを活かすことが可能な外壁リニューアルシステムである。
 

(詳細は「積算資料公表価格版2017年11月号」特集18 ページ参照)




 
 
【出典】


積算資料公表価格版2017年11月号


 
 

 

同じカテゴリの新着記事

メルマガ登録

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

話題の新商品