• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 特集記事資料館 > 土木施工単価 > 八十里越のインフラツーリズム

 
新潟県中越地域は,日本有数の豪雪地帯であることから冬期道路管理は大きな課題であり,長岡国道事務所では道路利用者が安心して通行できる道づくりを進めています。
 
「道づくり」の軸となる一般国道改築および維持管理を行うほか,直轄権限代行区間である一般国道289号「八十里越(はちじゅうりごえ)」の改築を行っています。今号では,インフラツーリズムを広く世の中に紹介することを通じて,「ふる里のぬくもり」を次世代へ伝える「道づくり」を推進する長岡国道事務所にご寄稿いただきました。
 
 

1 はじめに

国道289号は新潟県新潟市を起点とし,福島県いわき市に至る約300kmの道路である。このうち新潟・福島県境部の通行不能区間解消を目的に,新潟県三条市から福島県南会津郡只見町まで延長20.8kmを「八十里越」事業として,新潟県,長岡国道事務所,福島県がそれぞれ工事区間を分けて工事を進めており,長岡国道事務所では最も工事が困難な県境部を含む約11.8kmを国の権限代行事業として昭和61年度から事業を行っている(図−1)。
 

【図−1 位置図「八十里越」】




 

2 八十里越の歴史

事業名ともなっている「八十里越」の由来は諸説あるが,実際は八里ほどであるが,一里が十里に思えるほど困難な山道だったからだといわれている。
 
八十里越の歴史は古く,戦国時代終わり頃から江戸初期に峠の道として開かれたといわれている。かつては,南会津地域と越後を結び,越後からは塩・魚・鉄製品などの生活用品,南会津地域からは蚕や林産物,労働力など人的交流・物流を担う大切な道路として使用されていた。その後,大正3年に,岩越線(現磐越西線)が全通し,物流の主流が鉄道に移り,また度重なる災害に見舞われ,八十里越は衰退していった。
 
八十里越の歴史の中で有名なのは,北越戊辰戦争である。慶応4年北越戊辰戦争において,官軍との戦いに敗れ,足を負傷した長岡藩軍事総督である河井継之助が担架に乗せられ,長岡藩士家族5,000人とともに峠を越えた。その時に詠んだ句が「八十里 こしぬけ武士の越す峠」である。河井継之助はこの傷がもとで,現福島県南会津郡只見町で42歳の生涯を終えている。
 
 

3 取り組みの経緯

平成22年度に県境部の9号トンネル(仮称)が貫通したことにより,工事用道路を活用し,限定的であるが新潟・福島両県の往来が可能となったことを契機に,地元である新潟県三条市と福島県只見町を中心に国,新潟県,福島県,商工会,観光協会等で構成する「八十里越道路暫定的活用検討懇談会」が設立された。その中で三条市から現場見学会と観光をセットにした「秘境八十里越体感バス」実施の申し入れがあり,平成25年度より,スタートした(写真−1)。
 
この取り組みは,三条市にとって「八十里越」事業を観光の目玉として,地域の観光施設の連携による交流人口の拡大,八十里越開通の気運向上,長岡国道事務所にとっては,道路工事の現場,事業の効果・必要性等を確認してもらうことで,事業への理解と協力,土木技術の継承・啓発につながるなど,双方ともにメリットのあるものとして協力体制を構築したものである。
 
この取り組みによりこれまで希望のある団体しか見学できなかった現場を個人でも見学できるような枠組としている。
 
また,只見町でも主に地域住民を対象とした三条市側の観光と組み合わせたツアー等が実施されている。
 

【写真−1 体感バス出発式(平成25年6月30日)】




 

4 八十里越の現場状況

長岡国道事務所が工事を担当している区間(L=11.8km)は,急峻で地形的に厳しい場所を施工しており,全区間のうちトンネルが11本,橋が10橋と事業区間の約8割が構造物を占めている。
 
事業区間に位置する国道289号は,落石,地すべり等の危険性があるため一般車両は通行禁止となっており,工事用道路として工事関係者の通行を特別に新潟県,福島県から認められている。
 
工事用道路として使用する前は,線形も悪く軽トラックがやっと通れる程度の道路あったものを山の一部を切土,谷側に擁壁をつくり道路を拡幅して工事のための専用道路として現在使用している。
 
また,当地域は,豪雪地帯であることから,12月頃から5月上旬頃まで工事を中止としている。
 
また,豊かな自然に恵まれた地域であることから,工事実施に当たっては,自然環境への影響を把握し,学識経験者からの指導・助言を得ながら慎重に工事を進めている(写真−2)。
 

【写真−2 工事の進む八十里越】




 

5 体感バスの特色

1)工事現場を観光資源として活用

三条市が事業企画する「秘境八十里越体感バス」は,八十里越の工事現場を主体とした,誰もが参加できる観光ツアーである。
 
体感バスは,工事現場見学の半日便,福島県の只見町などの観光地やイベントと組み合わせた1日便,宿泊便があり,令和元年度は6月から11月に実施しており,計18便が運行された。

2)特別感のある現場

当該事業区間は工事関係者以外は立入禁止であることから,参加者は普段は入れない場所で,完成後には見られない現場の迫力や施工するための土木技術を周辺の豊かな自然と合わせ見ることができる「特別感」が体感バスの魅力である(写真−3)。
 

【写真−3 新潟県側ゲート】




 

6 実施するための課題と対応

体感バスの実施に当たって,長岡国道事務所は,事業内容,工事箇所の説明を担当している。また,新潟・福島両県の担当区間も通過することから,新潟・福島両県の担当者がバスの先導をする等の協力も受けている。
 
実施に際しては,大きく2つの課題が存在する。まず,安全であることが第一であり,工事用道路を活用した現場見学会であることから,十分な安全管理が必要となる。
 
次に当該箇所は豪雪地帯であることから,冬期は工事ができず,1年のうち半年程度の期間で工事を実施している状況であることから,体感バス実施により工事工程に影響させないということが条件となる。
 
これらの課題に対応するため,基本的事項,中止基準や留意事項,役割分担および安全管理体制を定め,毎年開催する「八十里越道路暫定的活用検討懇談会」にて,実施内容や日程などの確認を行い,参加者の安全確保はもちろんのこと工事工程への影響などの課題に対応している。
 
 
 

7 体感バスの内容

現場見学の場所は工事の進捗状況に合わせて,選定を行っているが,主な見学場所について紹介する。

1)八十里越の入り口 新潟・福島ゲート

現場見学の始まりは,新潟・福島両県にあるゲートとなる。ここからは,ヘルメットをかぶり,秘境八十里越体感バスの始まりとなる。普段入ることができない場所であり,参加者には「特別」を体感してもらえる場所である。

2)工事が進む長大橋

事業区間で一番長い橋となる5号橋梁(仮称)は,橋長が338m,橋脚の高さが高いもので約81mにもなり,下に流れる大谷川から120mほどの高さに橋が架かる。また,対岸の山には,先人が通った峠道である八十里越が見えることから,体感バスの見どころとなっている(写真−4)。

【写真−4 5号橋梁(仮称)見学風景】

3)豊かな自然を感じる現場

4号盛土と現場で呼んでいる箇所は,開けた見晴らしの良いビュースポットであり,秋には美しい紅葉を見ることができる(写真−5

【写真−5 4号盛土付近からの景観】

4)県境を繋ぐトンネル

体感バス実施の契機となった新潟県と福島県を繋ぐ9号トンネル(仮称)は,延長3,168mと八十里越の中で一番長いトンネルである。トンネル内に県境を示す看板を設置しており,八十里越が新潟県と福島県を繋いでいることを感じてもらえる場所である。

 
 

8 おわりに

普段は入ることができない工事現場を見たり,八十里越事業の必要性や目的を知り福島県の近さを体感してもらうことで,早期開通に向けての気運を高めようと始まった体感バスも7年を迎えた。閉ざされたゲートの中で,一般の方の目に触れる機会がほとんどなかった現場を多くの方に見てもらうことで「八十里越」事業への関心も高まっている。また,三条市,只見町両地域の交流も進んでおり,開通後を見据えた広域観光事業等の取り組みも進められている。長岡国道事務所としては,引き続き,地元市町と協力して,体感バスを実施していくとともに,新潟県と福島県を結ぶ「八十里越」事業の早期開通を目指し,事業を進めて参りたい。
 
 
 

国土交通省 北陸地方整備局 長岡国道事務所

 
 
【出典】


土木施工単価2020春号



 

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

話題の新商品