建設資材データベーストップ > 特集記事資料館 > 積算資料 > 阪神高速6号大和川線の整備効果と認知度向上・利用促進〜「阪神高速2020計画」〜

1 はじめに

大阪の高速道路網は,阪神高速1号環状線を中心として形成されており,都心部に交通が集中し慢性的な渋滞が発生している。
また,堺・松原両市域は東西方向の道路が十分に整備されていないため既存道路の渋滞が著しく,沿道環境への影響が懸念されていた。
そのような背景のもと,交通の流れを抜本的に変革し,都心部の慢性的な渋滞の緩和と新たな都市拠点の形成を促すために,2001年に「大阪都市再生環状道路」が都市再生プロジェクトとして位置付けされた。
大和川線は,この大阪都市再生環状道路の一部を形成し,4号湾岸線と14号松原線を接続する延長約9.7kmの自動車専用道路であり,2020年3月29日に全線開通した。
 
本稿では,大和川線の整備効果と認知度向上,利用促進施策について紹介する。

 
 

2 開通後の交通状況

(1)利用台数

阪神高速道路全線交通量は,新型コロナウイルス感染症の影響を受けている。
一方で,大和川線の交通量は開通以降,毎月増加傾向が継続しており,2020年8月の鉄砲〜常磐における断面を通過する交通量は,21.7千台/日と,開通後ひと月目よりも約6割増加した。

(2)利用時間

大和川線の開通前においては,堺浜から松原JCTまで向かう際に,阪神高速を利用して都心を通過し松原線を経由するルートで37分間,大和川線と並行する一般道を利用するルートで49分間の所要時間がかかっていた。
大和川線が開通したことにより,15分間での移動が可能となり,一般道利用ルートと比較すると34分の所要時間短縮となった(図−1)。
 

  • 交通量の推移と所要時間
    【図−1 交通量の推移と所要時間】

  • (3)都心利用からの経路変更

    大和川線の開通前は,阪神高速道路を利用して三宅JCT以東から兵庫方面(3号神戸線,5号湾岸線)に向かう際には,交通量の多い都心部を通過する経路を選択する必要があった。
    大和川線の開通後は,3号神戸線へ向かう場合であれば約1割,5号湾岸線へ向かう場合であれば約9割が大和川線を利用する経路を選択でき,都心利用経路のみに偏ることがなくなった。

    (4)新規需要の創出

    大和川線の開通前は,三宅JCT以東から三宝JCT以南の湾岸地域に向う際には,距離的には遠回りをして都心部を通過する阪神高速道路利用経路か,一般道路を通過する経路を選択するしかなかった。
    阪神高速道路利用経路については,約0.4百台/日の利用しかなく,それ以外は一般道を利用していたと考えられる。
    大和川線の開通後は,大和川線を利用して三宅JCT以東から三宝JCT以南に向かう交通量は約23百台/日となり,高速道路を利用しての移動が約60倍に増加した(図−2)。
     
    なお,これらの交通状況は新型コロナウイルス感染症による交通影響が含まれている。今後,この影響が減ることで,さらなる整備効果の発現が期待される。
    引き続き交通状況の変化に注視していく。
     

  • 開通前後の各ルート交通量
    【図−2 開通前後の各ルート交通量】


  •  

    3 認知度向上と利用促進

    (1)エヴァンゲリオンとコラボレーション

    全線開通する6号大和川線の認知度向上と阪神高速ネットワーク全体の利用促進を図るため,時代のトレンドを意識した斬新で話題性のある企画を公募した結果,世界的な人気アニメ「エヴァンゲリオン」とのコラボレーションを決定。
     
    大和川線は1995年に都市計画決定され,2020年3月29日に全線開通。一方,エヴァンゲリオンも1995年にテレビ放送を開始し,2020年に映画シン・エヴァンゲリオン劇場版の公開が予定されていた(新型コロナウイルス感染症の影響で延期)。
    どちらも2020年が節目の年となることから,「阪神高速2020計画」として,大和川線の整備効果である,拠点間のアクセスと利便性の向上,渋滞の緩和等を多くのお客さまに実感していただくため,コロナ禍を考慮しながらさまざまな企画を実施することにした(図−3)。
     

  • エヴァンゲリオンとコラボレーションのメインビジュアル
    【図−3 メインビジュアル】©カラー

  • (2)特設Webサイトの制作・更新

    エヴァンゲリオンとコラボレーションした特設Webサイトを制作。大和川線の整備効果(図−4)や,後述するオリジナル15秒CM等の各種コンテンツを掲載。
    2020年11月の1号環状線(南行)終日通行止めによるリニューアル工事時には,大和川線は工事中のう回路にご利用いただけることをサイト内で紹介した(図−5)。
     

  • 大和川線の整備効果(エヴァンゲリオンとコラボレーション)
    【図−4 大和川線の整備効果】©カラー
  • 工事中のう回路案内(エヴァンゲリオンとコラボレーション)
    【図−5 工事中のう回路案内】©カラー

  • (3)メディアやSNSを活用した広報

    エヴァンゲリオンに登場する人気キャラクターである葛城ミサトの声優(三石琴乃さん)を起用したオリジナル15秒CM(図−6)を制作し,テレビ,映画館,阪神高速YouTube等で使用。
    阪神高速YouTubeの再生回数は約10万回と,多くのお客さまに広報することができた。
     
    インフルエンサー(桜稲垣早希さん)と阪神高速社員による対話形式のラジオ番組も制作・放送(図−7)し,メイキング映像を阪神高速YouTubeにアップ。
    さらにインフルエンサーには,自らのチャンネルにアップする動画を別途制作していただく等,幅広く広報を展開。
    また,フォロワー数が10万を超えるエヴァインフォ公式Twitterで時折コンテンツの展開をツイートしていただいたことで,さまざまなお客さまにリーチすることができた。
     
    阪神高速でもSNSを活用した展開として,Twitterリツイートキャンペーン(図−8)を実施。
    阪神高速アカウントをフォローし,キャンペーンツイートをリツイートしていただくと,抽選で「阪神高速2020計画オリジナルグッズ」をプレゼント。
    多くのお客さまに新たにフォロワーとなっていただいたことで,大和川線に限らず阪神高速の多くの情報を継続的に届けることが可能となった。
     

  • 15秒CMから抜粋(エヴァンゲリオンとコラボレーション)
    【図−6 15秒CMから抜粋】©カラー
  • ラジオ番組制作(エヴァンゲリオンとコラボレーション)
    【図−7 ラジオ番組制作】©カラー
  • キャンペーン第1弾(エヴァンゲリオンとコラボレーション)
    【図−8 キャンペーン第1弾】©カラー

  • (4)ARスタンプラリー

    阪神高速ネットワーク全体の利用促進を図るため,阪神高速のパーキングエリア等(5カ所)をスタンプポイントに,拡張現実の技術を活用したARスタンプラリーを実施。
    スタンプポイントを訪問し,キャラクターパネルに描かれたマーカーをスマートフォン等にあらかじめインストールしたARアプリのカメラで読み込むと,エヴァンゲリオンのキャラクターが画面上に登場(図−9)。
    スタンプ獲得だけでなく,キャラクターとともに写真撮影が可能。
    スタンプを2個集めて応募いただいたお客さまに,抽選で「阪神高速2020計画オリジナルグッズ」をプレゼント。
    多くのお客さまから応募いただき好評を得た。
     

  • ARスタンプラリー(エヴァンゲリオンとコラボレーション)
    【図−9 【Rスタンプラリー】©カラー

  • (5)パーキングエリアでの展示等

    泉大津パーキングエリア海側と中島パーキングエリアでは,これまでのヱヴァンゲリヲン新劇場版の複製原画とシーン画像のセット展示やフォトスポット(図−10)を設け,多くのお客さまに楽しんでいただいた。
     

  • フォトスポット(エヴァンゲリオンとコラボレーション)
    【図−10 フォトスポット】©カラー

  • (6)コラボグッズの販売

    大和川線の全線開通にちなんだ限定コラボグッズを販売。トンネル,ジャンクション,道路標識にエヴァンゲリオンの世界観を取り入れた阪神高速ならではのデザインで,Tシャツ,キーホルダー,クリアファイルをそろえた(図−11)。
    先行してインターネットで販売し,後に阪神高速のパーキングエリアで販売。売切れが続出したことから,追加で増産を行うほど好評を得た。
     

  • コラボグッズ(エヴァンゲリオンとコラボレーション)
    【図−11 コラボグッズ】©カラー

  • (7)他事業者との共同企画

    以前から阪神高速と共同企画を実施していたりんくうプレミアム・アウトレットが,エヴァンゲリオンとコラボレーションした「りんくう補完計画」を実施することから,「阪神高速2020計画」との共同企画「阪神高速を利用してりんくうプレミアム・アウトレットに行こう!」キャンペーンを実施(図−12)。
    大和川線と三宝ジャンクションで接続している4号湾岸線の泉佐野南出口または泉佐野北出口をETCでご利用になり,りんくうプレミアム・アウトレットにご来場されたお客さまに,「阪神高速2020計画オリジナルグッズ」と,アウトレットショッピングがお得になる「クーポンシート」をプレゼント。
    多くのお客さまに阪神高速をご利用いただき,お得にショッピングを楽しんでいただいた。
     

  • 共同企画キャンペーン(エヴァンゲリオンとコラボレーション)
    【図−12 共同企画キャンペーン】©カラー


  •  

    4 結びに

    2020年は新型コロナウイルス感染症拡大の影響により,阪神高速全体の交通量は,一時大幅に減るなど大きな影響があったところ,3月に開通した大和川線の交通量は日を追うごとに増加してきた。
    今後も引き続き,大和川線の利便性をお客さまに広く知っていただくとともに,安全・安心・快適にご利用いただけるよう努めていきたい。
     
     
     

    阪神高速道路株式会社

     
     
    【出典】


    積算資料2021年2月号


     
     

     

    同じカテゴリの新着記事

    最新の記事5件

    カテゴリ一覧

    バックナンバー

    話題の新商品