• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 特集記事資料館 > 建設ITガイド > ArchiCAD 17/ArchiCAD 17 Solo

 
真のワークフローを実現
 
ArchiCAD 17
 

真のBIMワークフローを実現

優先度ベースの接続

優先度ベースの接続


ArchiCAD 17は最高クラスのBIMベースのドキュメントワークフローを提供する。
非常に詳細なレベルの建物モデルも簡単にモデリング・図面化が実現され、企画段階から施工段階まで包括的なBIMワークフローでモデルを活用することが可能となる。
 
ArchiCAD 17 SoloはArchiCAD 17の優れたモデリング機能・操作性を完全に継承し、マルチプロセッサに対応された低価格でありながら本格的なBIMソフトである。
 
両製品ともに、新機能は「BIMの細部」にフォーカスされ、革新的な「優先度ベースの接続」が導入された。
自動的に施工レベルの断面、詳細を生成することが可能で、BIMモデルの作成において、真の費用対効果が実現された。
 
 

さらに改善されたBIMワークフロー

ビルディングマテリアル

ビルディングマテリアル


3Dモデリング環境をさらに改善するリアルタイムの「3D切断面」、自動化された「要素の上部フロアリンク」、「見上げ・見下げの図面化」、「湾曲梁、壁・スラブの入力方法の改善」などが導入され、シームレスかつシンプルな設計プロセスが可能となった。
 
業界屈指の「見える化」、「操作性」、「効率性」を兼ね備え、BIMのメリットを最大限に活用することが可能となる。
 
●BIM躯体図
ArchiCAD 17は、新しい「優先度ベースの接続」と、平面図ベースの3Dドキュメントで、躯体図の作成および図面化が全面的にサポートされた。
これに加え「ビルディングマテリアル」を利用することで、増し打ちのモデリングをはじめ、効率的かつ簡単に、構造上正確なBIMモデルの作成ができる。
ArchiCADのモデルからは、意匠図だけではなく、施工レベルの躯体図を生成でき、モデルベースのワークフローが大幅に拡張される。
 
●最高クラスのBIMパフォーマンス
業界初のバックグラウンド処理がサポートされ、大規模で複雑なモデルのパフォーマンスが劇的に改善された。
マルチコアCPUも最適化され、より早く、より快適な環境で作業をすることが可能となり、BIMの生産性をさらに高めることとなった。
 
 

ArchiCAD 17/ArchiCAD 17 Solo

標準価格(税別)
ArchiCAD 17:720,000円
ArchiCAD 17 SOLO:295,000円
 
動作環境
OS:Windows 8/7(64bitt)/Vista(64bit)/Macintosh OS X 10.8 Mountain Lion/OS X 10.7 Lion
(※QuickTime7以降およびJava1.7.0以降が必要。Mac OS Xでは、大文字小文字を区別しないフォーマットのみ対応)
CPU:64-bitプロセッサ必須。 Intel®Core 2 Duo 以降(※4-8+コアの利用を推奨)
メモリ:4GB RAM必須、8GB以上推奨
HDD空容量:5GBの空き容量必須、複雑なモデルおよび3Dのために10GBの空き容量が必要
ビデオカード:Archicad Wikiを参照
 
グラフィソフトジャパン(株)
Tel.03-5545-3800
 
 
 
 
【出典】


建設ITガイド 2014
建設ソフト&ハード名鑑
建設ITガイド2014
 
 

 

同じカテゴリの新着記事

メルマガ登録

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

話題の新商品