• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > マルチフォーマットコンバータ『Blazon Enterprise』

株式会社 オーシャンブリッジ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:高山 知朗)は、Officeファイルや PDF・TIFFなどの画像データ、CAD図面データなど、あらゆるフォーマットのファイルをPDFやTIFFに自動変換するマルチフォーマットコンバータ 『Blazon Enterprise(ブレイゾン エンタープライズ)』を8月23日に発売した。

Blazon Enterprise

■製品の概要
OfficeファイルやPDF・TIFFなどの画像データ、CAD図面データなど、様々なフォーマットの各種ファイルを別のフォーマットに変換したり、異なる形式の複数ファイルを集約して新たなファイルを生成する機能を搭載しているファイルコンバータシステム。
主な機能は下記の通り。

◇文書・図面管理システム、PDM、ワークフローシステムへ容易に組み込み可能
APIを標準で実装しており、文書・図面管理システム、PDM、その他各種システムへの組み込みが容易。
また、あらかじめ監視フォルダを指定しておき、そのフォルダにファイルを登録すると、自動で指定形式に変換することも可能。
さらに、サムネイル画像を生成することで、大量のファイルのアーカイブや、管理システム上で複数のフォーマットファイルが混在したフォルダ内の検索や表示する際の視認性を高めるのにも役立つ。

さまざまな形式のファイルをブラウザやiPad上で表示できるマルチフォーマットファイルビューアであるBrava製品と組み合わせることで、様々なファイルに対してコメントや修正指示が書き込め、その内容を焼き込んでPDFとして保管したり、図面管理やPDMと連携し、CAD図面をPDFやTIFFに変換して配布、保管する際に、背景やヘッダー・フッターに付加情報を焼き込むことが可能。

◇ファイルセキュリティにも有効
独自のセキュリティ機能を持ったCSFという暗号化ファイル形式に変換すれば、専用のビューアでのみ表示可能。
ファイルのメール添付やコピー、印刷などによる情報漏えい対策として、セキュアなファイル形式で保存しておくことでオリジナルファイルの持ち出しを防げる。
また、閲覧可能期間の設定も情報漏えい対策としては有効な手段であり、Blazon Enterpriseで変換する際、ファイルの閲覧可能期間やパスワードを設定することができる。[社外秘]やログインユーザー名などの透かし文字を付加可能なため、これらの機能を利用することで情報漏えいリスクを最小限に抑えることが可能。

◇契約書やマニュアルの差分チェックを効率化
二つのファイル間のテキスト比較レポートを出力する機能があるため、契約書の改訂や、マニュアルや技術文書を作成する過程で、変更箇所を確認する際に、テキスト比較レポートの出力機能を使えば、確認作業の時間短縮を図れるとともに、確認漏れを防ぐことも可能。

■問合せ先
株式会社 オーシャンブリッジ
TEL:03-5464-2112
http://www.oceanbridge.jp/

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード