• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > パナソニックがどこでもドアホン普及モデル『VL-SWD210K』を発売

パナソニック株式会社(本社:大阪府門真市、取締役社長:津賀 一宏)は、家じゅう「どこでもドアホン」の新ラインナップとして、DECT準拠方式採用の『VL-SWD210K』を10月10日に発売する。

VL-SWD210K

■製品の概要
配線不要で、ワイヤレスモニター子機で家じゅうどこでも来客対応可能(ワイヤレスモニター子機の増設は不可)。
モニター親機には、留守でも来訪者を確認できる「録画機能(8枚連続:最大50件)」搭載し、コマ送り再生機能で確認が可能。また、モニター中は必要に応じて手動で録画することも可能。
さらに、テレビドアホンと別売の窓センサーを接続することにより、登録した窓が開くと、モニター親機やワイヤレスモニター子機が報知音と画面表示で通知する「かんたんホームセーフティ」を実現。
窓センサーはモニター親機1台に付き最大20台まで登録可能で、その他、移報接点アダプタの接続で住宅用火災警報器との連動が可能になっている。

■問合せ先
パナソニック株式会社
TEL:0120-878-365
http://panasonic.jp/door/

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード