建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > コンクリートを表情豊かにデザインする『フォトクリート』の新工法を開発

株式会社 アクア(本社:東京都国分寺市、社長:新庄 謙)は、レーザーカットデザイナーの藤村 莞氏の協力のもと、打ち放しコンクリート面に超高圧洗浄機を使って、パターンや画像を容易に写し彫る工法『フォトクリート』の新工法を開発した。

フォトクリート

■工法の概要
レーザーカッターで加工されたアクリルや金属の金型を、打ち放しコンクリート面に貼り付け、超高圧洗浄機で浅く「目あらし」することで、金型のパターンや画像がコンクリート面にそのまま転写される。
また、自由にデザインできるだけでなく、フォトクリートされた画像自体への単色着色も可能。
今回、従来工法からの進化として、既存のコンクリートでもパターンや画像を彫り込むことができるようになり、リフォームへの適用が可能となった。
打ち放しコンクリートが完成した後でも、パターンや画像を写し彫ることができるので、建築工程への組み込みが容易となり、設計デザインの自由度増大に寄与する。

■問合せ先
株式会社 アクア
TEL:0423-20-5007
http://www.k4.dion.ne.jp/~aqua.s/

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード