建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > エクソルが千葉県八街市に1.99MWの自社メガソーラーを計画

株式会社 エクソル(本社:京都市中京区、代表取締役社長:柏 巧)は、2012年7月に施行された再生可能エネルギーによる固定価格買取制度(FIT:Feed in Tariff)に則り、独立系発電事業(IPP:Independent Power Producer)として、千葉県八街市に1.99MWの自社大規模太陽光発電所設置を決定した。

自社大規模太陽光発電所設置

■発電所の概要
住所:千葉県八街市文違字文違野301-376、他
出力:1.99MW(予定)
運転開始:2014年5月(予定)
運転期間:20年間
設置場所:地上
土地権利:所有権
地目:宅地、山林、雑種地
面積:8,067坪
設備:太陽電池モジュール/カナディアン・ソーラー社製 245W×8,160枚、パワーコンディショナ/KACO社製 500kW×4台

■問合せ先
株式会社 エクソル
TEL:0120-33-1139
http://www.xsol.co.jp/

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード