建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 天然石付き鋼板屋根材『T・ルーフシリーズ』に新色追加

株式会社 LIXIL(本社:東京都千代田区、社長: 藤森義明)は、トステムブランドから、杉板を割ったようなシェイク調デザインで重厚感あふれる天然石付き鋼板屋根材『T・ルーフシリーズ』に、新たに単色「チャコール」を追加し、2013年10月から発売する。
 
T・ルーフシリーズ
 
■製品の概要
表層部に天然石のチップをコーティングした重厚感のある天然石付き鋼板屋根材。
重量が1㎡当たりわずか約7kgと軽量(一般的な陶器瓦の約7分の1、化粧スレートの約3分の1)で建物への負担が少なく、専用ビスで固定するため地震や台風の際も安心できる。
また、天然石は長期間色あせしないため、塗装の塗り直しがほとんど必要がない。基材には外装材などに使用され、長期耐食性に優れたガルバリウム鋼板を採用しており、メンテナンスの必要がなく、長期の使用に耐えうる。
加えて、天然石のチップには雨音を吸収・拡散する働きもあるため、強い雨が降っても従来の金属屋根材と比較して雨音が静かになる。
施工面では、既存の屋根の上から重ねて葺く“カバー工法”が可能で、古い屋根の撤去が必要なく短い工期で葺き替えができるため、新築だけでなくリフォームにも適している。
 
今回の新色追加で、「クラシック」「シェイク」各パターン合わせて全10色のラインナップとなった。
 
■問合せ先
株式会社 LIXIL
TEL:0120-126-001
http://www.lixil.co.jp/

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード