建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 旭トステム外装が窯業系外装材『AT-WALL ガーディナル』シリーズを拡充

旭トステム外装株式会社(本社:東京都江東区、社長:条生 秀人)は、窯業系外装材『AT-WALL ガーディナル(三辺合じゃくり工法)』シリーズに新柄『ランティスVZ』『クアントVZ』を追加し、2月1日に発売する。
 
窯業系外装材『AT-WALL ガーディナル』シリーズ
 
■製品の概要
本体の三辺を合じゃくり加工し、専用のジョイント部材「カンシキくん」と合わせて施工することで、新シーリングレス工法を実現したサイディング。
今回追加される2点の特長は下記の通り。
 
●18VZシリーズ「ランティスVZ」
ランダムな割り石調のテクスチャーで、ひとつひとつのピースが豊かな表情を作る。
強調された陰影が迫力ある壁面を演出する。
 
●18VZシリーズ「クアントVZ」
自然石の色合いを意識し趣き深い塗装を施しており、彫りの深いテクスチャーは住まいに落ち着いた重厚感を与える。
 
■標準価格(税抜き)
5,900 円/枚(厚さ18mm×幅455mm×長さ1,820mm)
7,125 円/㎡
 
■問合せ先
旭トステム外装株式会社
TEL:0570-001-117
http://www.asahitostem.co.jp/

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード