• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 2種類のセンサーで快適性向上する室内ユニット『てんかせ4方向』

日立アプライアンス株式会社(本社:東京都港区、取締役社長:二宮 隆典)は、2種類のセンサーで快適性向上する室内ユニット『てんかせ4方向』を4月に発売する。
 
「てんかせ4方向」
 
■製品の概要
快適性向上のニーズに対応するため、4個の人感センサーと1個の輻射温度センサーを標準搭載。
吹出口の4エリア内での人の活動量を検知して風向きの自動調整や能力セーブ運転をするほか、4エリア全体の床やテーブルなどの輻射温度を検知し、暖房立上り時間の短縮や人の増減による室温変化を予測して空調能力を調整するなどの空調コントロールが可能。
 
■問合せ先
日立アプライアンス株式会社
TEL 03-6403-4502
http://www.hitachi-ap.co.jp/

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード