建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 日積サーベイのBIM対応 建築数量積算・内訳明細作成システム

株式会社 日積サーベイ(本社:大阪市中央区、代表取締役:生島 宣幸)は、BIM対応 建築数量積算・内訳明細作成システム『NCS/HEΛIOΣ(ヘリオス)』にて、日本国内のBIM普及拡大を目指し、福井コンピュータ株式会社(本社:福井県坂井市、代表取締役社長:杉田 直)のBIM建築設計システム『GLOOBE』グラフィソフトジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:コバーチ・ベンツェ)のBIMツール『ArchiCAD』オートデスク株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:ルイス・グレスパン)のBIMツール『Revit』とのIFC連携を実現した。
 
日積サーベイのBIM対応 建築数量積算・内訳明細作成システム
 
■製品の概要
本製品の主な特長は下記の通り。
 
●構造積算:充実機能と自由な配置機能
図面通りに『部材を置く』感覚で積算知識を必要とせず、簡単自由配置を実現した積算業務専用の配置システム。配置方法はCADの知識は必要とせず、部材を置くだけで部材通しの連続、単独情報が自動計算される。
また、土工事においてもレベル情報から自動計算され、精度の高い数量が算出される。
 
●仕上積算:3通りの積算手法であらゆる物件にも柔軟に対応可能
配置、DMS、表入力の3通りの積算手法であらゆる物件に対応でき、効率を追求した「使える」ツールが用意されている。
配置は構造部材の伏図に、間仕切、内部室、外部仕上等配置することで、面積、長さ等が自動計算される。
また、壁仕上については、GL工法等軸種ごとに、下地を自動認識する機能も有している。
DMSはPDF等の図面データを画面に取り込み、ポイントを抑えて面積、長さ、か所を計測。
計測した寸法を利用して積算の数量として転用可能。
 
●DMS計測:PDF、DXF図面を画面計測
印刷してもスケール計測が困難なPDF図面やDXF図面を、画面に表示してマウスで面積や長さの計測が行える。
計測データは個別入力画面に変換され、計測した部分に色を付けて保存も可能。
新築工事以外にも、変更作業や改修工事、外構工事などにも利用できる。
 
●使い易さを追求した見積書
分かり易い操作と豊富な機能により、簡単に編集、値入が可能。
数量、単位、単価を5種類装備しており、業者Excel見積を変換して取り込み、単価掛け率指定による値入が行える。
また、単価検索機能があり、過去物件の単価をすぐに検索可能。
Excel形式や、BCS形式の入出力が行えるため、協力会社、業者見積、現場での利用、原価管理など、データ連動が可能となっている。
 
●真のクライアント/サーバー
クライアント/サーバータイプは、単にファイル共有だけではなく、複数人での同時処理、共同処理をを可能にした、使い易さ抜群のクラサバ機能。
スタンドアロンタイプも用意しており、利用環境に最適なシステムを構築可能。
 
 
また、構造分野のBIM標準フォーマットST-Bridgeの入出力に対応しており、上記3社以外にも各種構造ソフトとの連携も実現している。
 
■問合せ先
株式会社 日積サーベイ
TEL:06-6944-2755
http://www.nisseki-survey.co.jp/

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード