建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 三協立山・三協アルミ社がカーテンゲート『タフゲート』を発売

三協立山株式会社・三協アルミ社(本社:富山県高岡市、社長:蒲原 彰三)は、強風などの悪天候でも高い強度と安定感で車庫前をしっかりガードするカーテンゲート『タフゲート』を4月1日に発売した。
 
三協立山・三協アルミ社がカーテンゲート『タフゲート』を発売
 
■製品の概要
強固な構造(3クロスデザイン)をはじめ、部材寸法アップなどさまざまな工夫を凝らし、耐風圧強度風速41m/s相当を確保したカーテンゲート (伸縮性の車庫前門扉)。
主な特長は下記の通り。
 
●耐風圧性能41m/s相当の強度
 同社従来品の一般地域向けカーテンゲートの耐風圧性能34m/sを大幅にアップし、一般地域向けカーテンゲートとして耐風圧性能41m/s相当の強度を確保した。
 
●安定したフォルムの実現
 本体見込み寸法を160mmとし、ガイド格子を一体化させることで安定したフォルムを実現した。
 
●リンク材の大型化で強度アップ
 本体のリンク材寸法を従来品の「20×20mm」から「20×30mm」にアップするとともに、さらに、リンク材の固定ピンを中空タイプでなく中実タイプとしたことで、高い強度を実現した。
 
●高強度と意匠性を両立
 3クロスデザインのリンク構造により、高強度を確保するとともに意匠性も兼ね備えている。
 
●落し棒φ17の採用で揺れ軽減
 落し棒の太さを従来品のφ14からφ17にしたことで、揺れを軽減し、扉をしっかり固定する。
 また、落し棒は立ったまま手元でのワンタッチ操作も可能。
 
●キャスタータイプとガイドレールタイプより選択可
 ユーザーの敷地条件や嗜好に合わせて2タイプの走行形態から選択可能。
  1)キャスタータイプ
  レールのないタイプで、キャスターは大型タイヤのダブルキャスターを採用。
  安定した開閉ができ、滑らかな走行性を実現する。
  2)ガイドレールタイプ
  直進安定性が向上するガイドレールタイプ。
  回転収納が可能で、広い開口幅を確保できる。
  また土間施工後にレールを取り付けできる後付タイプもラインナップしている。
 
●操作性・安全性に配慮
 握り易いハンドル形状による簡単操作に加え、ディンプル錠の採用で防犯性にも配慮している。
 また、扉の横揺れを軽減する「振れ止めラッチ」も採用し、安全面にも配慮した。
 
■参考価格(税抜き)
片開きタイプ、キャスタータイプの場合:120,000円〜440,000円
※搬入費・組立費、取付費等は含まず
 
■問い合わせ先
三協立山株式会社・三協アルミ社
TEL:0120-53-7899
http://alumi.st-grp.co.jp/

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード