建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > オートデスク『Revit』と日積サーベイ『NCS/HEΛIOΣ』の連携アプリ

オートデスク株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:ルイス・グレスパン)のBIMアプリケーション『Autodesk® Revit® 2015』で作成されるBIMデータを、建築数量積算・見積書作成システム『NCS/HEΛIOΣ(以下略称:ヘリオス)V11.0』に直接取り込むことができるアドインアプリ『Helios Link 2015』がこのほど株式会社 日積サーベイ(本社:大阪市中央区、代表取締役:生島 宣幸)により開発された。
 
オートデスク『Revit』と日積サーベイ『NCS/HEΛIOΣ』とがデータの直接連携が可能となるアプリ
 
■概要
従来、ヘリオスとRevitで行う数量積算と見積もり作成は、「IFC」と呼ばれる中間ファイルを介した方法で行われており、IFCファイルには全ての設計情報が含まれるため、データ変換に長い時間がかかる。
また、データ変換の際に、一部のデータが欠落してしまい、変換作業を何度もやり直さなければならない場合がある。
これに対して本アプリを使用すると、必要な情報のみを抽出することが可能になり、1回のデータ変換で済むため、データ欠落を最小限に抑えられる。
これらにより変換スピードが短縮され、部署間の円滑な業務連携に寄与し、日積サーベイが機能開発段階で行ったテストでは、データ変換にかかる時間が1/10にまで短縮された。
本アプリはオートデスクのアプリ提供サイト「Autodesk App Store」にて無料で提供される。
(Helios Link 2015提供サイト URL:http://autode.sk/1R5omSW
 
■問い合わせ先
オートデスク株式会社
http://www.autodesk.co.jp

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード