建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > ガラス装飾用デザインフィルム「3M ファサラ ガラスフィルム」新たに33種発売

スリーエム ジャパン株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役社長:デニース・ラザフォード)は4月14日、
ガラス装飾用デザインフィルム「3M ファサラ ガラスフィルム」にシャンパンゴールドやパールホワイトなど
これまでにない色味と、木目やファブリックといった繊細なデザインを表現した新製品33点を発売した。
 
ガラス装飾用デザインフィルム「3M ファサラ ガラスフィルム」新たに33種発売
 
■製品の概要
「3M ファサラ ガラスフィルム」は、外壁ガラスやガラスパーティション、ガラス手すりなどに、
主に室内側から貼る装飾用のフィルム。
光をほどよく遮りながら緩やかに明るさを伝えるとともに、その意匠性で多彩な空間設計を可能にする建材として、
多くの商業施設やオフィスで採用されている。
特に近年では、光の調節や目隠しという機能面に加えて意匠性を重視する声が多く、
ガラスならではの質感を生かしながら、装飾によって空間に新たな表現を実現できるデザインが求められている。
 
今回発売する新柄では、これまでの目隠しを目的としたシンプルなデザインだけではなく、
柄自体の美しさやその陰影を楽しめる3つのコンセプトを中心に、
華やかで上質な空間作りができる柄を多く取り揃えられている。
 
1.自然素材などを生かした新たな切り口
木や石など自然素材をトレースした全く新しい柄、細かい目から粗い目まで生地感を表現したファブリック柄を開発。
また、あらゆるデザインにもマッチする繊細な幾何学模様も展開。
 
2.デザイン性を高める色の展開
これまでの白、黒、シルバーに加え、全く新しい色合いのシャンパンゴールド、白より繊細な表情を持つパールホワイト、
スモークされたようなニュアンスのブラウンを採用。
 
3.鏡のような視覚効果を使った演出
アルミ蒸着を使用した鏡のような表現を持つミラー系では鏡のように写し込みつつ、
向こう側の景色を透過させる不思議なグラデーションのバリエーションを展開。
新柄では目隠しを目的とした機能面と装飾を目的とした意匠面でのバランスを考慮し、
柄の密度や透過の割合などの最適化を行なった。
新たな技術の採用により、シャンパンゴールドの色味の再現や、
鏡面のように反射するデザインでは反射と透過の最適なバランスが実現。
 
■問い合わせ先
スリーエム ジャパン株式会社
TEL: 0570-012-123
http://www.3mcompany.jp/3M/ja_JP/company-jp/

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード