建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 工事現場の3Dイラスト作成ソフトをフローティングライセンスで提供開始

メガソフト株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:井町良明)は、簡単な操作で工事現場の3Dイラストを描けるパソコン用ソフトウェア『3D工事イラストワークス』を、全国各地の支店・営業所・建設現場で共同利用できるフローティングライセンスサービス「FCENA eWide(富士通エフ・アイ・ピー)」の契約者向けに、2017年5月11日より提供開始した。
 
メガソフトが工事現場の3Dイラスト作成ソフトをフローティングライセンスで提供開始
 
■製品の概要
本製品は、役所に提出する施工関連書類や、周辺住民への説明会資料への挿絵の他、外国人従業者が増えている工事関係者間での情報伝達、指示書用に、誰でも手軽にイラストが描ける。
これまでは、直営のメガソフトショップを含むECショップや、大手家電量販店の店頭で販売されてきた。
製品ユーザーの多くは中小の建設業者や他業種企業の設備系部署が多いのが現状である。
新しい提供方法は、これまでの”パソコン1台に1ライセンス”というルールとは異なり、同時使用台数分のライセンスでの運用が可能となる。
 
■問い合わせ先
メガソフト株式会社
http://www.megasoft.co.jp/

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード