建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > インテリアドアシリーズ『famitto(ファミット)』ガラスデザイン発売

YKK AP株式会社(本社:東京都千代田区、社長:堀 秀充)は、インテリア空間全体に開放感を与える『famitto(ファミット)』ガラスデザインを発売した。
 
YKK AP
 
■概要
インテリアドアシリーズ『famitto』は、空間をデザインするドアとして、まずは2017年4月に壁紙を貼ることで壁と同化してとけ込むクロスデザインを発売した。そしてこのたび、新たなデザイン提案として、アルミフレームに全面ガラスを組み合わせ、空間全体へ開放感や光の演出を与えるガラスデザインを追加した。
 

これまで普及してきたアルミ間仕切は採光面材に樹脂板を採用しているが、『famitto』ガラスデザインは強化ガラスを採用し、ガラス面には安全に配慮した飛散防止フィルム貼りを標準仕様としている。枠の高さは最大2,543mmまで対応し、安全に配慮しながらも一般的な住宅における天井高いっぱいまで対応が可能なため、開放的な空間の提供が可能である。さらに、ガラスの透明感や光沢感を生かした上質な印象を実現するとともに、飛散防止フィルムに柄を施すことでガラスにさまざまな表情を与え、硬質的でクールな印象や、ソフトでやわらかな印象など多様な空間演出を可能にした。
 
 

■問い合わせ先
YKK AP株式会社
https://www.ykkap.co.jp/

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード