• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 『3Mコンクリート型枠ジョイント止水テープ2237CR』を発売

スリーエムジャパン株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役社長:スティーブン・ヴァンダー・ロウ)は
『3Mコンクリート型枠ジョイント止水テープ2237CR』を発売。コンクリートの養生前に型枠の接続部に貼るだけで、砂目地の発生を抑え、除去作業が不要になる。業界で初めて3ミリ以上の隙間に対応し、大きな隙間ができやすい橋梁や高速道路などのコンクリート打設へも用途を拡大した。
 
3Mコンクリート型枠ジョイント止水テープ2237CR
 
 
■製品概要
「3Mコンクリート型枠ジョイント止水テープ」の基材には、おむつなどに使われる「高分子吸収体」を使用している。
生コンクリートの充填前に型枠の接続部分に貼るだけで、高分子吸収体が水分を吸収して約400倍に膨らむ。これが型枠間の隙間を埋めることでコンクリートの漏れを防ぐことができる。
2014年から販売している従来品は、施工性と美観向上の効果の高さから、3ミリ以下の隙間にしか使用できなかった。
『3Mコンクリート型枠ジョイント止水テープ2237CR』は業界で初めて、3ミリ〜5ミリの隙間にも対応する厚手タイプ。
3ミリ以上の隙間が発生しやすい、橋梁や高速道路などの現場でも「砂目地」の発生を抑制できる。
工事の規模にもよるが、工期が5日の場合、砂目地の除去作業には約1日が必要になり、人手不足が深刻な建設現場では大きな負担となっている。『3Mコンクリート型枠ジョイント止水テープ 2237CR』を使用することで、砂目地の除去作業が不要になるため、工期が短縮されて人件費を削減できる。
 
 

■問い合わせ先
スリーエムジャパン株式会社
https://www.mmm.co.jp

 

同じカテゴリの新着記事

メルマガ登録

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード