建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 『アーキスペック』シリーズと『ベリティス』シリーズを発売

パナソニック株式会社エコソリューションズ社(本社:大阪府門真市、代表取締役社長:津賀一宏)は、床材の製品を一新し、『アーキスペック』『ベリティス』の2シリーズで、突き板仕上げとシート仕上げそれぞれを2018年12月3日より発売する。
 
アーキスペック・ベリティス
 
 

■製品概要
突き板仕上げの製品は、新たに同社独自の木質エイジング技術による「マイスターズ・ウッド」を開発。
天然木の良さを最大限に引き出し、今までにない木目、艷、照り、味わい深い色合いを実現。
また、シート仕上げの製品では、高い印刷技術を用い、天然木としては入手が難しい柄も品揃えした。
『アーキスペック』シリーズでは、フレンチヘリンボーンやスクエアブロックデザインなどを新たに追加。
4タイプ26種類から選んで、好みの空間を演出することが可能になった。
『ベリティス』シリーズでは、耐久性に優れたハードコートタイプ、エコ素材を基材にしたeタイプ、マンション用の直貼タイプなど7タイプ67種類を用意した。
 

今回発売する床材は、多様化するインテリア空間に合わせることができるように、多数の色柄デザインを用意。また、デザインだけでなく床材の機能も向上。ワックス不要によるメンテナンスの簡単さ、擦り傷などに強い傷のつきにくさ、水まわりにも使用できる耐水性、さらにはアレル物質を抑制する機能まであり、用途に合わせて選ぶことができる。
 

■特長
1. 木質エイジング技術による、新しい天然木「マイスターズ・ウッド」
2. フレンチヘリンボーンなど新デザインを追加し、新しく幅広い11タイプ93種類の色柄より選択可能
3. 独自の厚塗り塗装による耐久性や、アレル物質抑制など高機能を実現
 
 

■問い合わせ先
パナソニック株式会社
https://news.panasonic.com/jp/

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード