• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 『ポール内配線付ジョイントボックス』(SBJAシリーズ)を発売

星和電機株式会社(本社:京都府城陽市、代表取締役社長:増山 晃章)は、ポール内ジョイントボックス(SBシリーズ)の新たなラインアップとして、道路照明器具のポール内配線を安全かつ容易にした『ポール内配線付ジョイントボックス』(SBJAシリーズ)を発売する。
 
SBJA製品写真
 
■概要
『ポール内配線付ジョイントボックス』(SBJAシリーズ)は、防水・防じんに対する保護等級がIP68相当となっており、湿気などの多いポール内に最適な構造である。
配線付きとなっており、安全で簡単に接続でき点検も容易なジョイントボックスである。
ブレーカと一部の仕様に端子台を密閉収納しているので、ポール内にたまった湿気や水滴から電気配線を守る。
また、上蓋を開けて電圧・絶縁抵抗の測定が可能。
同製品は、ポリプラスチックス株式会社の樹脂異材接合技術「AKI-LockR」を上蓋に採用した製品である。
従来技術では困難であった、異なる種類の樹脂同士や樹脂とゴムとの接合が可能となった新しい技術を使用しており、防水性能が従来品より良くなった。
 

■特長
防水・防じん構造のプラスチック製ボックスにブレーカと端子台を収納し、絶縁不良の原因となるポール内の湿気や水滴を遮断する。

1.上蓋を開けずにブレーカ操作ができるので、施工や点検の作業が容易にできる。
2. 防水・防じんに対する保護等級はIP68相当。水深1mに2週間水没しても器具内に浸水しないため、豪雨による一時的な水没時でも配線を保護する。また、耐蝕性抜群で湿気の多いポール内の接続に最適。
3.気密性の優れたボックスを使用しているため、配線接続による絶縁劣化がない。
4.ブレーカ付となっており負荷側で短絡が発生すると回路を確実に遮断し、焼損などの事故の拡大を防ぐ。
5.上蓋を開けることができるため、端子台から電線を外す事で配線を切断することなく、電圧・絶縁抵抗の測定可能。
6.従来品のポール内ジョイントボックス(SBシリーズ)と同じ取り付けピッチのため、取り換えも可能。
 
 

■問い合わせ先
星和電機株式会社
https://www.seiwa.co.jp/

 

同じカテゴリの新着記事

メルマガ登録

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード