• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 『LIXILテラスSC』『LIXILテラスVB』発売

株式会社LIXIL(本社:東京都千代田区、社長:瀬戸欣哉)は、業界初となるアルミ押出材屋根の採用により、リビングとの自然なつながりとテラスならではの開放感を演出する独立タイプの『LIXILテラスSC』を2019年6月3日より全国で販売開始する。
また、敷地条件や用途に応じて柱移動が可能な独立タイプの『LIXILテラスVB』も同時発売する。
 
LIXILテラスSC
 
■製品の概要
『LIXILテラスSC』は、業界初となるアルミ押出材屋根の採用により、リビングの快適な居心地とやわらかい日差しに満たされる開放感を併せ持つ「軒」のような空間を演出する。
屋根と柱だけで構成されたシンプルで美しいデザインは、さまざまな住宅に美しく調和する。
また、雨樋を屋根・柱に内蔵することで、機能性はそのままに見た目の凸凹をなくし、細部にまで徹底的にノイズレスデザインにこだわった。
さらに住宅の外観になじむ金属光沢を抑えたマットな質感で、落ち着きのある佇まいを演出する。
屋根材と柱を異なるカラーで組み合わせることで単色のボリューム感が低減でき、ツートン・コーディネートも可能となっている。
屋根にアルミを採用することで、夏は直射日光をしっかりカットし暑さをやわらげ、冬は低く柔らかい光を取り込むことで心地よい空間が実現できる。
また、すべてアルミ部材で構成されているため、防火・準防火地域にも設置可能である。
同時発売の『LIXILテラスVB』は、敷地条件や用途に応じて柱移動が可能な中柱タイプのテラスである。
柱は間口・出幅方向のどちらへも移動でき、柱が住宅に近いことから、視界を遮りにくく、開放感のあるテラス空間が生まれる。また、屋根材は熱線カット率に応じて3種類より選択できる。
 
『LIXILテラスSC』『LIXILテラスVB』ともに、躯体にねじ止めしない独立構造により、住宅の外壁を傷つけることなくテラス屋根を設置することが可能である。
 
 
 
■問い合わせ先
株式会社LIXIL
http://www.lixil.co.jp/

 

同じカテゴリの新着記事

メルマガ登録

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード