• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > スマートスピーカーに話しかけて「おふろのお湯はり」や「床暖房」を操作

株式会社ノーリツ(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:國井総一郎)は2019年8月2日から、 Googleが提供しているスマートスピーカー「Google Home」などGoogleアシスタント搭載のデバイスおよび、LINE株式会社が提供しているスマートスピーカー「Clova Desk」や「Clova Friends」などAIアシスタントClova搭載のデバイスに対応する。
 
スピーカー
 
■概要
無線LAN対応給湯器リモコンとスマートスピーカー、スマートフォン等が無線LANを介して通信することで、音声による浴槽へのお湯はりや床暖房のON・OFFなどの操作が可能である。
すでに3月から「Amazon Echoシリーズ」を始めとするAmazon Alexa搭載のデバイスに対応しており、専用の「わかすアプリ」と各社のスマートスピーカーとの連携で、ユーザーの選択肢をさらに広げる。
すでに無線LAN対応給湯器リモコン「RC-G001EWシリーズ」または「RC-G057PEW」を設置されている場合は接続設定後、すぐに各社のスマートスピーカーを使える。
 

■対応給湯機器
・高効率ガスふろ給湯器「GT-C62シリーズ」「GRQ-C62シリーズ」、ガスふろ給湯器「GT-60-1シリーズ」
・高効率ガス温水暖房付ふろ給湯器「GTH-C50/51-1シリーズ」「GTH-C49-2シリーズ」「GTH-C53シリーズ」「GTH-C50/52-KRシリーズ」
・ハイブリッド給湯・暖房システム「SH-GT(H)C-1シリーズ」
 
 
 

■問い合わせ先
株式会社ノーリツ
https://www.noritz.co.jp/

 

同じカテゴリの新着記事

メルマガ登録

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード