• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > インフラ点検ロボットシステム『低車高版』の販売開始

協栄産業株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:水谷 廣司)は、協栄産業製インフラ点検システムとトピー工業株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:高松 信彦)製点検ロボットAnieLightによるインフラ点検ロボットシステム『低車高版』を共同開発し、販売を開始する。
 
低車高版
 
■概要
インフラ点検ロボットシステムは、住宅の定期点検等に使用するロボットシステムである。
点検作業員の代わりに暗く・狭い床下にエニーライトが入り、シロアリ被害、腐食箇所等の住宅性能に問題がないかを確認することができる。
点検作業員は離れた場所から無線LANを介してタブレットでエニーライトを操縦し、本体に装備されたLEDで床下を照らし、高性能カメラの画像を見ながら床下の状況を確認する。
また、必要に応じて点検箇所を撮影してタブレットに保存すれば点検結果を記録として残すことが可能になる。
低車高版エニーライトでは、標準版エニーライトの車高245mmを62mm下げ183mmとした。
これによって住宅床下基礎部分に作られた人通口を通り抜けやすくなり、スムーズな点検作業を行うことが可能になった。
一般的に、人通口は高さ350mm×横600mm程度の大きさで作成されるが、住宅メーカーや工事業者によって大きさはまちまちで、標準版エニーライトでは通り抜けできない場合もあった。
低車高版ではこれを解消し、さまざまなタイプの住宅床下点検に利用できる。
協栄産業とトピー工業が共同開発したインフラ点検ロボットシステムは、住宅の床下に人が入るのではなく、ロボットが入ることでユーザーのプライバシーを守り、作業員の省人化、省力化を可能にし、ユーザー満足度向上と労働環境の向上に貢献する。
 
 
 

■問い合わせ先
協栄産業株式会社
https://www.kyoei.co.jp/

 

同じカテゴリの新着記事

メルマガ登録

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード