• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 『ベースセッター』が枠組壁工法に対応

BXカネシン株式会社(本社:東京都葛飾区、代表取締役:二村一久)は、450mm幅の狭小耐力壁を可能にする柱脚金物『ベースセッター』が枠組壁工法でも対応できるようハウスプラス確認検査株式会社の評価を取得し10月1日より運用を開始した。
 

 
■概要
ベースセッターは、基礎と450×105mmの平角柱を接合することで450mm幅の「ベースセッター耐力壁柱」を形成し、一般的に使用される910mm幅の壁倍率5倍の耐力壁と同等の耐力を発揮する。
市街地などに多い狭小地では、構造上必要な耐力壁を配置すると大きな開口や広い間口、間仕切り壁のない開放的な空間を設計することが難しくなる。
耐力壁不足を補うために門型フレームが使用されることもあるが、枠組壁工法は在来軸組工法に比べて対応できる門型フレーム製品が少ないのが現状。
「ベースセッター耐力壁柱」は独立配置で設計でき、高さは6mまで対応できるため、プランの自由度を格段に向上させることができる。
狭小地での3階建て耐震等級3の住宅や吹抜けのある住宅、店舗や保育園などの多目的木造建築(非住宅)でも、耐震性と設計の自由度を両立させた設計が可能である。
構造計算は構造設計者が誰でも容易に行えるよう、同社オリジナルの検定ツール※を無償提供する。
市販されている構造計算ソフトによる許容応力度計算と同社が提供する検定ツールを使用するだけで、簡単に構造計算を行うことができ、複雑な構造計算は不要。
 
※検定ツールは、同社ホームページからダウンロードできる。(初回のみユーザー登録必要)
今回の評価取得により、丸太工法を除くほぼ全ての木造住宅でベースセッターが使用可能となった。
 
 
 

■問い合わせ先
BXカネシン株式会社
http://www.kaneshin.co.jp/

 

同じカテゴリの新着記事

メルマガ登録

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード