• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 施工音低減や廃材抑制など、 リフォーム向けフローリング床改

独立行政法人都市再生機構(本社:横浜市中区、理事長:中島 正弘)とナオス・テック株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役:平間 圭二)は、施工音低減や廃材抑制などを可能とする、リフォームに適した「フローリング用床張りシート施工方法 (以下、床張りシート施工方法)」を開発した(特許出願済:2019年11月)。
 

 
■概要
本工法は、賃貸住宅の維持・管理等を行うUR都市機構と、フローリング床改修における建材や施工のノウハウを有するナオス・テックが共同開発したもので、従来のフローリング床改修の施工方法と違い「切って、張る」だけの簡便な施工方法。
これにより、施工音低減や工期短縮、低コスト化、廃材抑制などの環境配慮への対応を実現できるだけでなく、ストック社会への転換によるリフォームの増加が予想される中、建設業界の職人不足にも対応した有益な工法として、広く活用されることを見込んでいる。
 
■床張りシート施工方法の特長
・「床張りシート施工方法」は、フローリングリフォーム工事における、コスト・工期・クレームなどの問題を解消する新たなフローリングリフォーム工法。
 
・施工の基本工程は大きく分けて、「(1)下地処理→(2)シート張り→(3)仕上げ」の3ステップ。既存のフローリングを撤去する工程がないため、廃材を出さずに、工期の短縮、低コストでの施工が可能。また「切って張る」だけの簡便な施工方法であり、音の出る機材を使用しないことからもリフォームに適した工法である。
 
■問い合わせ先
独立行政法人都市再生機構
 技術・コスト管理部 技術調査課
https://www.ur-net.go.jp/
 
ナオス・テック株式会社
https://www.naosstec.jp/

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード