建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 鋳物門扉『ジオグランテ』発売

三協立山株式会社・三協アルミ社(本社:富山県高岡市、代表取締役社長:平能 正三)は、高尺で重厚感のあるデザインの鋳物門扉『ジオグランテ』を発売する。
 

 
■概要
『ジオグランテ』は、アルミ鋳物(※1)とアルミ形材(※2)を組み合わせたハイブリッド構造にすることで、最大高さ2000mmを実現。マルチルーフ「ビームス」(※3)やファサードエクステリア「みられ/美楽麗」(※4)などと組み合わせることで重厚感のある外構をトータルに提案する。
 
■特長
1.アルミ形材と複数枚のアルミ鋳物を組み合わせたハイブリッド構造
これまで1枚物のアルミ鋳物では製造範囲上つくれなかった高尺門扉を、複数枚の鋳物パネルとアルミ形材を組み合わせることにより実現した。
 
2.鋳物に近づけた質感で統一感のあるデザイン
アルミ形材の框部は、アクリル粒子を含んだ塗膜(ビーズイン塗装)を施すことで、質感を鋳物に近づけた。鋳物パネルとの統一感を持たせ、高い意匠性を実現。
 
3.重厚感のあるこだわりのデザイン
・3タイプのデザインとタッチ錠をラインアップ
「デザイン」
たて格子意匠の「1型」、横格子意匠の「2型」、ランダムスクエア柄意匠の「3型」の3タイプから選べる。
「タッチ錠」
錠前は、外側からはレバーを押すだけ、内側からはレバーを引くだけで開く、操作しやすいタッチ錠を採用。
高級感を演出するシンプルでモダンな「プレートタイプ」、存在感のあるユニバーサルデザインの「ロングバータイプ」、クラシカルな「バータイプ」の3タイプから選べる。
 
・門まわり商品とコーディネート可能
高尺の鋳物門扉「ジオグランテ」と、門まわり商品を組み合わせることで重厚感のある外構をトータルコーディネートできる。
 
 

※1.アルミ鋳物:溶かしたアルミニウムを鋳型に流し込んで成形する製品。
※2.アルミ形材:棒状のアルミニウムを金型に通して押し出して成形する製品。
※3.「ビームス」:2021年3月1日発売予定
※4.「みられ/美楽麗」:2020年3月2日発売
 
 
 

■問い合わせ先
三協立山株式会社・三協アルミ社
https://alumi.st-grp.co.jp/

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード