建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 使いやすさの向上で製図業務をスムーズに 国産2次元CADソフトウェア『図脳RAPIDPRO21』『図脳RAPID21』新発売

株式会社フォトロン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 瀧水 隆)は、2次元CADソフトウェア『図脳RAPID』シリーズの最新版『図脳RAPIDPRO21』および『図脳RAPID21』を2021年10月27日より発売する。
 
使いやすさの向上で製図業務をスムーズに 国産2次元CADソフトウェア『図脳RAPIDPRO21』『図脳RAPID21』新発売
 
■概要
『図脳RAPID』シリーズは、1985年の発売以来35年以上にわたって販売を続けている、国産2次元CADのロングセラー製品である。
“設計者のみならず図面に携わるすべての人々が使える製図ツール”をコンセプトに、さまざまな業種の上流工程から下流工程に至るまで幅広く利用することができる。
その最新バージョンである、企業向けの『図脳RAPIDPRO21』および個人利用向けの『図脳RAPID21』の販売を2021年10月27日より開始する。
今回のバージョンアップでは「使いやすさの向上で製図業務をスムーズに」をコンセプトとして、ユーザーの声を元に機能強化、改良を実施している。
『図脳RAPIDPRO21』では、部品配置やハッチング作図、文字編集といったコマンドの操作性を改善。使用頻度の多いコマンドにおいてクリック数を50%削減。
さらに機能改善により手戻りを防止し、製図作業の効率化に貢献。
『図脳RAPIDPRO21』『図脳RAPID21』の共通の強化点として、色による図面制御や識別性向上を目指し初期状態で利用できる色数を倍増させたほか、バージョンの移行をスムーズに行えるよう『図脳RAPID20』シリーズの各種設定を『図脳RAPID21』シリーズに自動で引き継げる機能を新たに搭載した。
 
■『図脳RAPIDPRO21』の新機能
 
1.部品配置作業の効率向上を目指し、部品カタログを常時表示
登録した部品のサムネイルを画面に常時表示させ、いつでもダブルクリックにて部品配置が可能。
部品サムネイルの並び順も自由に設定することができる。
 
2.ハッチング作図コマンド等に「点指定」コマンドを搭載
「点指定」コマンドでは、事前に境界線を作図せずに境界の通過点を指定してハッチング・塗り図形を作成可能。
境界がないエリアへの作図の手間を大幅に削減できる。
 
3.ミスの削減と作図効率化のため文字の編集機能を拡張
図形複写/回転複写コマンドで数字を含む文字列をコピーすると、数字部分が自動でカウントアップする機能を搭載。
 
4.カットイン機能の一時適用設定で作業の手戻りを防止
作業の手戻りを防止するためカットイン機能の一時適用設定を追加。
切り替え忘れを防止し、余分な作業工程の発生を防ぐことができる。
 
■製品価格
・『図脳RAPIDPRO21』 154,000円(税込み)
・『図脳RAPID21』 66,000(税込み)
 
 
■問い合わせ先
株式会社フォトロン
https://www.photron.co.jp/

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード