建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 木製室内窓「マドリノ」

マテックス株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役長:松本 浩志)は、自社オリジナルブランド「madolino(マドリノ)」において、室内の間仕切り壁に設置することで壁全体を取り払うことなく、隣り合った2つの空間をつなげることができる木製室内窓「マドリノ」を2021年末に発売する。
また、発売に先駆けて10月より一部地域において先行発売を予定している。
 
木製室内窓「マドリノ」
 
■製品概要
木製室内窓のガラスには、昭和の時代に使われていた、柄の入った型ガラスをリユースした「cycleglas(サイクルグラス)」を使用。
当時はさまざまな柄が製造されていたが、現在では廃番となり、希少な存在となっている。
しかし「マドリノ」のガラスは万が一割れてしまったとしても、ガラスの交換が可能。
また、枠の素材は国産杉を使用し、塗料は木材保護のため、健康への影響が少ない自然健康塗料を使用している。
 
 
■問い合わせ先
マテックス株式会社
https://www.matex-glass.co.jp/

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード