建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 塩害対策用高遮断形下塗塗料 「タイエンダー下塗」

鋼構造物の下塗塗装に用いる塗料で、塩害環境下においても外部からの腐食因子(塩分、水、酸素)を遮断し、極めて優れた耐久性を示す塗膜を形成する高遮断形下塗塗料。
 
タイエンダー下塗
 
屋外鋼構造物全般の新設・塗替塗装(橋梁上部工、プラント鋼製タンク、建築物鋼製部材、配電盤BOX等)に適用できる。
従来と比較して耐塩害性・環境遮断性に優れるため、塩害環境下での耐久性が向上し、ライフサイクルコストの低減が図れる。
低温乾燥性を向上させて−5℃環境においても施工を可能としたため、寒冷地(低温時)での塗装が可能となる。
非鉄金属にも適用でき、厚膜塗装が行えるため、2回塗り工程を1回にすることが可能となり、工期の短縮が図れる。
 
NETIS登録番号CG-210013-A。
 
 
■お問い合わせ
大日本塗料株式会社
https://www.dnt.co.jp/

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード