• 建設資材を探す
  • 電子カタログを探す
建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 住宅設備機器 > 配線器具 アドバンスシリーズ「非接触スイッチ」を発売

パナソニック株式会社 エレクトリックワークス社(本社:大阪府門真市、社長:大瀧 清)は、手をかざして触らずに照明器具のON/OFFができるスイッチ「非接触スイッチ」を2022年3月21日に発売する。
 
配線器具 アドバンスシリーズ「非接触スイッチ」を発売
 
■衛生面への配慮が求められる場所に
感染症対策として新しい生活様式の実践が提言され、大勢がよく手を触れる箇所(スイッチなど)に対してもこまめに清掃・消毒するよう求められているなど、昨今では衛生意識が高まってる。
そこで今回、非接触スイッチを設置することにより、衛生面に配慮した生活空間を実現。
操作部に新規開発した光学プリズムレンズを採用することで、照明が消えている時でもレンズ部が発光し、暗い中でもスイッチの位置がすぐに分かる仕様となった。
また、人の動線や用途に合わせて検知距離の切り替えができるため、さまざまな場所での活用が可能である。
 
おすすめ設置場所
 
そのため衛生面への配慮が求められる病院・高齢者施設・保育所や、多くの人が利用する学校・オフィスなどへの需要はもとより、住宅においても汚れた手・濡れた手で操作する頻度が高い玄関・洗面所・キッチンなどに設置を希望する人は多いと考えられる。
さらに、ボルトフリー(AC100 V~AC242 V)にも対応し、現場の電圧が変更されても品番の再選定が不要のため、省設計・省施工にもつながっている。
 
 
■商品の特長
 
1. 手をかざすだけで、触らずに照明器具をON/OFF
視認性にこだわり、アイコン部分に白色の透過樹脂を用いた光学プリズムレンズを採用。
検知するための赤外線センサの赤外光と表示ランプ用のLED光を、センサ感度向上(集光)と視認性向上(拡散)を両立した1つのレンズに集約することで、赤外線センサ特有の黒色受光部を無くしすっきりしたデザインと使いやすい操作性を実現した。
 
2. 人の動線や用途に合わせて検知距離の切り替えが可能
人の動線や用途に合わせて検知距離の切り替えが可能。
検知距離は廊下などスイッチの近くを人が往来するような場所には「短」(~約5cm)、居室などやや離れたところからでもすぐに操作したい場合には「長」(~約10cm)など、状況に合わせて対応することができる。
 
3. ボルトフリー(AC100~AC242 V)対応で省設計・省施工
ボルトフリー対応の為、現場の電圧が変更されても品番の再選定が不要。
※適合する負荷は照明器具(4A)もしくは換気扇(2A)となる。
 
 
■商品詳細
品名:アドバンスシリーズ 非接触スイッチ
品番:WTA1711W
希望小売価格(税込・工事費別):10,450円
発売日:2022年3月21日
 
・仕様一覧
仕様一覧
 
・結線図
結線図
 
・接続灯数
接続灯数表
 
 
■問い合わせ先
パナソニック株式会社 エレクトリックワークス社
https://panasonic.co.jp/ew/

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード