• 建設資材を探す
  • 電子カタログを探す
建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 土木資材・工法 > グラウンドアンカー点検技術 「ビブリス」

中日本ハイウェイ・エンジニアリング名古屋株式会社、国立大学法人東海国立大学機構 岐阜大学と共同で開発された、グラウンドアンカー緊張力の測定技術。
 
ビブリスビブリス2
 
アンカーをギターの弦に見立て、ギターのように直接弦を弾く代わりに地表に露出したアンカーの先に特殊な加振装置を設置。
アンカーに作用する振動(共振)を加速度計により測定することで、アンカーの緊張力を算定し、健全性を推定するものである。
従来のリフトオフ試験とは異なり、油圧ジャッキや仮設足場などの大掛かりな機材は不要。またアンカーの引張り材を載荷することなく測定が可能なため、安価で効率的かつ安全にグラウンドアンカーの健全度を点検することができるようになる。
今後は精度向上を行い、さまざまなタイプのグラウンドアンカーへの実用を目指す。
 
 
■お問い合わせ
応用地質株式会社
https://www.oyo.co.jp/

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード