建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > フジタが大出力で高効率なLED照明装置を開発

株式会社フジタ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:上田 卓司)は子会社である株式会社高環境エンジニアリング(本社:東京都渋谷区、社長:茶山 和博)を通して、LED照明装置開発のベンチャー企業であるSOLECO株式会社(本社:千葉県千葉市、社長:朴 鍾)と共同で開発した、LED照明装置の販売を開始する。
 
110922LED1.jpg
 
 
■製品の概要
 
点灯中の発熱による光量及び効率の低下を防ぐ独創的な自然放熱機構により、電源を含めた総合効率で1Wあたり100ルーメンを超える大出力光量の高効率なLED照明装置であり、国内で初めて実用製品化に成功した。ラージタイプ(SOLEC-FL160)とスモールタイプ(SOLEC-FL80)の2種類となり、顧客の要望に応じ、モジュールタイプを適宜組み合わせて要望の光量を提供する。
 
SOLEC-FL160(ラージタイプ)
・LED素子数:CREE 社製 30個
・総消費電力:142W
・総光束:14,500ルーメン(気温25℃)
・外形寸法:φ150×260mm(本体)、252×90×43.8mm(電源)
・重量:2.0kg(本体)、1.1kg(電源)
・設計寿命:40,000時間(省電力モード)
 
SOLEC-FL80 (スモールタイプ)
・LED素子数:CREE 社製 15個
・総消費電力:71W
・総光束:7,200ルーメン(気温25℃)
・外形寸法:φ110×187mm(本体)、252×90×43.8mm(電源)
・重量:0.9kg(本体)、0.8kg(電源)
・設計寿命:40,000時間(省電力モード)
 
 
■問合せ先
 
株式会社 フジタ 広報室
 
Tel:03-3402-1911
http://www.fujita.co.jp/


 

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード