建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 三協立山アルミがシャッターゲート『パレオ』新タイプを発売

三協立山アルミ株式会社(本社:富山県高岡市、代表取締役社長:藤木 正和)は、車庫まわりの防犯性を高めるシャッターゲート『パレオ』で並列3台・4台駐車に対応する『間口連棟タイプ』を、10月3日に発売した。
ex20111025_a.jpg
■製品の概要
1台用、2台用を連棟して設置することで、並列3台・4台駐車への対応を可能にした。シャッター部は、プライバシーを守る全面目隠しの「アルミスラット」や、道路側からの視線を遮りながら通風・採光機能を併せ持つ半目隠しタイプの「ハイリンク」など4タイプを用意。車中から開閉操作の出来るリモコン式の電動シャッターは、光電センサーにより閉動作中に人・物などの障害物を感知すると反転上昇し停止する安全装置を装備している。また、多様なデザインとカラーで住宅の外観イメージに合わせた一体感のあるファサードを演出する。
■問合せ先
三協立山アルミ株式会社
http://www.sankyotateyama-al.co.jp/

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード