• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 生活産業研究所が『ArchiCAD16』対応ツール2種を発売

生活産業研究所株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:石川 健)は、グラフィソフトジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:コバーチ・ベンツェ)の「ArchiCAD16」上でボリュームスタディツールを可能にした『MassPlan for ARCHICAD』および高さ制限解析を可能にした『ADS-BT for ARCHICAD』を9月24日に販売開始する。

MassPlan for ARCHICAD・ADS-BT for ARCHICAD

■製品の概要
各製品の概要は下記の通り。

『MassPlan for ARCHICAD』
「モルフ・ゾーンオブジェクト」を最大限に活用したボリュームスタディツール。
「ArchiCAD16」の「モルフ・ゾーンオブジェクト」で、建物全体のスタディから面積集計への利用を容易にする。
モルフツールで作成されたオブジェクトから各階ごとの面積集計および面積表の作成はもちろん、ラフボリュームで入力されたモルフ・ゾーンオブジェクトに対して壁・スラブおよびフロアスライス等の自動生成機能を備えている。

『ADS-BT for ARCHICAD』
高さ制限(斜線・日影・天空率)解析ツール。
高精度&高性能の高さ制限解析システムとして評価を得ている「ADS-win」のアルゴリズムをそのまま「ArchiCAD16」上で実現可能にした。

■標準価格(税込み)
『MassPlan for ARCHICAD』:63,000円

『ADS-BT for ARCHICAD』:189,000円
※初年度年間使用許諾料 37,800円含む。

■問合せ先
生活産業研究所株式会社
http://www.tokyo.epcot.co.jp/

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード