建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 施工パッケージ積算方式に対応した土木積算システム『メビウス ZERO』

吉備システム株式会社(本社:岡山県岡山市、代表取締役社長:松尾 雅卿)は、土木積算システム『メビウス ZERO』を発売した。

メビウス ZERO

■製品の概要
土木積算システム「メビウス」シリーズの最新バージョン。
競争が激化する公共工事の入札を勝ち抜くために、豊富な対応工種と現場のさまざまな声を集約して新たに開発された土木積算システム。Officeソフト風の画面構成で操作性に優れ、様々な学習機能を充実することにより積算の作業時間を大幅に短縮することが可能。
主な特徴は下記の通り。

1.積算作業を大幅に効率化
・合算設計書・合算経費の対応
・様々な機能をタブ形式でグループ分けにする事で使用用途に応じた操作が可能となっており、より簡単にデータ入力をおこなう事ができる。
・PDF取り込みでは取り込んだPDFを内訳から確認でき、また代価番号と自動でリンクが設定され、瞬時に該当する代価表PDFが表示される。
・全システムが統合システムに集約され、あらゆるシステムの起動を管理することが可能。

2.従来機能の強化
・各歩掛/単価項目の要素、支給品の設定をワンクリックで設定でき、イメージアップ費や共通仮設費等の様々な経費控除設定もその場で設定する事が可能。
・外部データの取込後に編集データを更新することで、次回の取り込み後の編集で履歴データを活用することが可能。また、未設定の歩掛データを一覧表示する機能により、一画面で全ての未設定データの編集が可能。
・労務割増やクレーン賃料の割増が、アイコン化され、歩掛ごとの割増切り替えがワンクリックで可能。

3.施工パッケージ積算方式にも対応
代価入力画面を機労材ごとの色分けや、基準単価と積算単価を比較した増減表示など見た目のわかりやすさを追求し、操作面では、単価置換や計算式の確認・印刷など使用頻度の高い機能はもちろん、機労材毎に必要な機能も搭載している。その他の必要な機能にも柔軟に対応している。

4.ZEROシリーズからの新オプション
・公共建築システムは、現場の一番の問題である設計書の入力作業の煩雑さに着目し、どのような設計書であっても簡単、かつスピーディーに作成できるシステムとなっている。
・安全管理システムは、施工条件に対応した「リスクアセスメント」を明確にし、各リスクに対応した関連法令、災害・ヒヤリハット事例等の確認や出力が容易にできる。

また、メビウスZEROから公共建築システム・安全管理システムが新たに発売された。

■問合せ先
吉備システム株式会社
http://www.kibi.co.jp/

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード